「方舟は冬の国へ」西澤保彦

Catégories: /

 [amazon]
6年勤めた会社をやめた十和人は、ハローワークの外で声をかけてきた男の依頼を聞いて驚きます。1ヶ月間、日本国内のとある別荘に滞在するだけで、莫大な報酬を受け取ることができるというのです。
わーい、面白かった! 偽装結婚物とか偽装家族物って時々見かけるけど、やっぱり西澤さんにかかると一味違いますね。小さな謎や大きな謎もあるんだけど、ミステリというよりはSFの方に重点が置かれてるというか、これはもっと違う要素の方がさらに大きいかな。この雰囲気は、初期の作品の雰囲気に近いかも。この偽装家族生活、しかも盗聴器や隠しカメラが仕掛けられてる家で過ごすなんて、ほんと神経が疲れそうー、なんて思いながら読んでたのですが、対外的には新婚気分の抜け切れない夫婦、しかしその実態は赤の他人同士という2人が、自分たち自身の話をし始めるところが好きだわあ。後味も爽やかで良かったです。ふふふ。(カッパノベルス)


+既読の西澤保彦作品の感想+
「方舟は冬の国へ」西澤保彦
「生贄を抱く夜」西澤保彦
「腕貫探偵 市民サーヴィス課出張所事件簿」西澤保彦
「フェティッシュ」西澤保彦
「キス」西澤保彦
「春の魔法のおすそわけ」西澤保彦
「ソフトタッチ・オペレーション」西澤保彦
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(2)

Trackbacks(2)

「方舟は冬の国へ」西澤保彦 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

 名古屋で男が労働基準監督署に立てこもる!なんて事件があって、建物の多くの職員が避難したというニュース。取るものもとりあえず避難したわけなのだが、多くの職員の... » Lire la suite

西澤保彦氏の最新(でいいのかな)作。 例によって例の如く、氏ならではのSFワールド。 でもジャンルは長編本格推理…。   で。感想。 &nb... » Lire la suite

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.