「夢果つる街」トレヴェニアン

Catégories: /

 [amazon]
各国の移民たちの吹き溜まりの街、モントリオールのザ・メインで起きた殺人事件。この街を知り尽くし、街の法律でもあるラポワント警部補は、押し付けられた新人刑事と共に事件を調べ始めます。
ミステリというよりもハードボイルド。でもこれはもう既にそういう範疇を超えてる作品かも。主人公は確かにラポワント警部補なんだけど、本当の主人公はこのザ・メインという街に違いないです。移民だの売春婦だの浮浪者だのがうろつく猥雑な街が濃やかに描かれていて、ものすごい存在感なんですもん。もうほんと、凄いんですよ。上手く説明できませんが、もうほんと「いぶし銀」という言葉がぴったりくるような作品で、すっごく良かった!! この作品だけ見ると、原尞さんに近い雰囲気かな。2人とも寡作なところも共通してるし。(笑) でも以前に読んだ「バスク、真夏の死」(これも良かった)は、また全然違う作品なんですよね。そして「アイガー・サンクション」「ルー・サンクション」「シブミ」、15年ぶりに出た新作「ワイオミングの惨劇」(そういえば、原さんも今度10年ぶりの新作が!)といった他の作品も、また違う雰囲気らしい...。ぜひとも全作品制覇したくなる作家さんです。(角川文庫)


それにしても、画像の出ない本ばかり。画像がないと地味だなー。で、次の本も画像が出ないんだよね(^^;。


+既読のトレヴェニアン作品の感想+
「夢果つる街」トレヴェニアン
「シブミ」上下 トレヴェニアン
「ワイオミングの惨劇」トレヴェニアン
Livreに「バスク、真夏の死」の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「夢果つる街」トレヴェニアン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

昨晩からミンナしてバカみたいに浮かれていました、でも仕方ありません、無理もありません。事情を知ってる人なら必ず納得してくれるハズ。 あの覆面作家トレヴェニアン... » Lire la suite

Commentaires(2)

√通りすがりのわたし達もこの作品が一番好きです
ラスト近く、ベンチにこしかけた警部が一人泣くシーンで毎回もらい泣きしてます〆

Mt.Baca登頂隊さん、こんにちは! はじめまして。
TBとコメント、ありがとうございますー。
レスがすっかり遅くなってしまってごめんなさい。
この作品はいいですね、本当に。また読み返したくなりました♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.