「メインディッシュはミステリー」小泉喜美子

Catégories: /

[amazon]
小泉喜美子さんによる、海外ミステリガイドブック。本格物、変格物、ハードボイルド、クライム・ストーリィ、警察小説、スパイ小説、ユーモア・ミステリー...と、様々なミステリ作品が紹介されていきます。
元々は雑誌の連載で、実に30年近く前に書かれた文章なんですが、今読んでも全然古くないどころか、歯切れが良ければテンポも良くって読んでいて楽しい本。で、小泉さんならではのミステリに対する美学というか拘りがふんだんに入っていて、それがとてもいいんですよね。なんせ初っ端から、「殺人をテーマに好んで扱うジャンルだけに、ミステリーは美しく、洗練されていなければならない」ですよー。小泉さんご自身の洒落たミステリ作品は、こういったとこから生まれてきたんでしょうね。で、読んでいると色々と「なるほど」と思う部分があったんですが、その中で一番「おお」と思ったのは、ミステリ作品が歌舞伎や浄瑠璃みたいな江戸文芸の「お約束ごと」と通じるという部分。これは小泉さんご自身も感じてらしたところに、都筑道夫さんが書いてらしたんだそうです。「マンネリズムを逆手にとることによって、成立する芸術形式」ですって。ほおぉ、なるほど。
それにしても、こういう本を読むと、読みたい本がどんどん増えちゃうのがコマリモノ。でも海外ミステリガイドブックとしても貴重な1冊でした。(既に絶版ですが...)(新潮文庫)


+既読の小泉喜美子作品の感想+
「殺人はお好き?」小泉喜美子
「メインディッシュはミステリー」小泉喜美子
「弁護側の証人」小泉喜美子

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「メインディッシュはミステリー」小泉喜美子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.