「白馬の王子」タニス・リー

Catégories: /

 [amazon]
久々に読破したい心を刺激しまくってくれてるタニス・リー。なかなか手に入らない本も多いので、固め読みはしたくないんですけど、今丁度ファンタジーモードに入ってることもあって、読みたくて読みたくて。もちろんミステリも大好きなんだけど、本質的には、実はファンタジー者なのかもしれないなあ。
ということで、タニス・リーの「白馬の王子」。気がついたら異世界にいた王子が、化け物退治しなくちゃいけない羽目になる話。魔女だの竜だの巨人だのがいて、思いっきりファンタジーの異世界なんですけど、この王子、とにかくやる気がないんです。あっちに危険があると聞けば、こっちに行きたくなるし、危険が近づいてきたら本気でボヤいちゃう。そんな人が、「待たれていた救世主」。普通なら、分からないなりにも、やってるうちにちょっとはその気になる人が多いでしょうに、この王子に限っては全然なんですよねえ。周囲の盛り上がりぶりに、ヤケクソになってるみたい。白馬とのやりとりなんて、まるで漫才だし、ほんと笑っちゃう。(やっぱりこの辺りは、ナルニアの「馬と少年」のシャスタとブレーが元になってるんでしょうね) 内容を知ってみると、この題名からして人を食ってるわ!(笑)(ハヤカワ文庫FT)


+既読のタニス・リー作品の感想+
「闇の公子」タニス・リー
「死の王」タニス・リー
「タマスターラー」タニス・リー
「ドラゴン探索号の冒険」タニス・リー
「白馬の王子」タニス・リー
「惑乱の公子」タニス・リー
「熱夢の女王」上下 タニス・リー
「ゴルゴン 幻獣夜話」タニス・リー
「血のごとく赤く」タニス・リー
「バイティング・ザ・サン」タニス・リー
「鏡の森」タニス・リー
「黄金の魔獣」タニス・リー
「幻魔の虜囚」タニス・リー
「幻獣の書」「堕ちたる者の書」タニス・リー
「月と太陽の魔道師」タニス・リー
「冬物語」「闇の城」タニス・リー
「銀色の恋人」タニス・リー
「妖魔の戯れ」タニス・リー
留守中に読んだ本(18冊)(「ウルフタワー」の感想)
「影に歌えば」「死霊の都」タニス・リー
「パイレーティカ 女海賊アートの冒険」タニス・リー
「銀色の愛ふたたび」タニス・リー
「水底の仮面」「炎の聖少女」タニス・リー
「土の褥に眠る者」「復活のヴェヌス」タニス・リー
「悪魔の薔薇」タニス・リー

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「白馬の王子」タニス・リー へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.