「サリーは謎解き名人」ジャネット・イヴァノヴィッチ

Catégories: /

 [amazon]
ステファニー・プラムシリーズ4作目。またしても今回、強烈なキャラクターが登場です。身長が2メーター近い、大きくて超ド派手なドラッグクイーン(でも一応ノーマル)のサリー。強烈なキャラで売ってるこのシリーズでも1、2を争う凄まじさ。(笑)
今回は、ステファニーが捕まえようとする女性が別れた男にいくつも暗号文を送りつけてきて、それをタイトル通り、このサリーに解いてもらうことになります。でも普通のミステリなら、ここで何らかの具体的な暗号が出てくるとこなんですけど、この本では全然登場しないんですよね。「支離滅裂なアルファベットが並んでいた」っていうだけ。これがちょっと物足りない... 読みながら解く努力をするかどうかはともかくとして(少なくとも私はしない←断言するなッ)、やっぱりちょっと見てみたくなるじゃないですかー。...とは言っても、そんな風に暗号なんか登場させちゃったら、作風が変わっちゃうから仕方ないんでしょうね。脳みそも筋肉でできてるような男に、こんな難しそうな暗号送りつけても仕方ないのに... というのも言いっこなしですな。(笑) あ、今回は、ステファニーの恋愛面も大発展。凄いですよ!相変わらずの賑やかで楽しい作品になってます(^^)。 (扶桑社文庫)


このシリーズは、全部で9作出てるみたいなんですが、私が持ってるのはここまで。タニス・リーに戻りたい気もするんだけど、せっかくだから、もうちょっと海外ミステリを続けてみよう。


+シリーズ既刊の感想+
「あたしにしかできない職業」ジャネット・イヴァノヴィッチ
「モーおじさんの失踪」ジャネット・イヴァノヴィッチ
「サリーは謎解き名人」ジャネット・イヴァノヴィッチ

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「サリーは謎解き名人」ジャネット・イヴァノヴィッチ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.