「図書館の死体」ジェフ アボット

Catégories: /

 [amazon]
テキサスの田舎町の図書館長が、図書館で死体を発見。死亡推定時刻のアリバイもないし、被害者とは前日ひどい口論をしてたということで、警察に疑われちゃう。で、自分で犯人探しに乗り出す... という話なんですけど、いやー、面白かった。読んでる途中も、翻訳物らしいクセがなくてすごく読みやすくて良かったんだけど、止まらなくなるほどではなかったんですよね。でもラストスパートが凄かった! いやあ、びっくりびっくり。実は本筋とは関係ない主人公の人となりにちょっとひっかかってたんだけど(母親の介護に関してちょっと異議アリ)、それも忘れちゃったぐらい。とりあえずこの1冊だけのつもりだったんだけど、やっぱりもう1冊ぐらいは読まなくちゃだわ!(シリーズ物で、「図書館の美女」「図書館の親子」「図書館長の休暇」と続くそうです)(ハヤカワミステリアスプレス文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「図書館の死体」ジェフ アボット へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.