「殺しのリスト」ローレンス・ブロック

Catégories: /

 [amazon]
殺し屋ケラーシリーズの長編。前回は連作短編で、殺しをするために新しい土地に行くたびに、その土地が気に入って不動産屋めぐりをしてしまうケラーが可笑しかったんですが、今回はそういうのはありませんでした。でもやっぱり変なキャラクターです、ケラーって。普段はごくごく常識的な生活を送っている普通の人だし、目下の趣味は切手蒐集。仕事が入ると、まるで普通の出張に行くみたいに出かけていくんですもん。でもその仕事ぶりを見てると、殺し屋という仕事はやっぱり天職なんですよね。一体この造形ってリアリティがあるのかないのか... いや、きっと本物の殺し屋もこんな人物に違いない。じゃなくて、こういう殺し屋もいるに違いない。(笑)
前作の「殺し屋」の方が良かったような気もするし、マット・スカダーや泥棒バーニーに比べると負けてる気はするんだけど、でもやっぱり面白かった。仕事を回してくれるドットとの会話も楽しいんですよね。で、前半、まるで連作短編集のようだなーと思ったら、本当に短編として雑誌に掲載されてたんですね。そういえばジャーロにも載ってた気がするなあ。(二見文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「殺し屋」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「殺しのリスト」ローレンス・ブロック

+既読のローレンス・ブロック作品の感想+
「死者の長い列」ローレンス・ブロック
「処刑宣告」ローレンス・ブロック
「砕かれた街」上下 ローレンス・ブロック
Livreにマット・スカダーシリーズ、「泥棒は野球カードを集める」の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「殺しのリスト」ローレンス・ブロック へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

四季さん、はじめまして。
私も海外ミステリ好きなので、こちらのブログをお気に入りにリストさせていただいています。
よろしくお願いいたします。
「殺し屋ケラー・シリーズ」、面白かったですね。
こんなに気負って"いない"殺し屋は初めてです(笑)趣味もユルイし。。。
マット・スカダーシリーズも読みたいんですが、昔の作品がなかなか手に入らなくて。
やっぱり最初から読みたい私としては、哀しい限りです。。。

うなぎさん、はじめまして!
お気に入りリストに入れて下さってるだなんて
ありがとうございます?。嬉しいです(^^)。
せっかく書き込んで下さったのに、風邪で熱を出して寝てたもので、
レスがすっかり遅くなってしまってごめんなさい。
「殺し屋ケラー」、独特の存在で面白いですよね。
殺し屋っていったら、冷酷非情のハードボイルドな人を思い浮かべるのに
日頃の趣味が切手蒐集だなんて…!(笑)
スカダーシリーズ、今は入手が難しいのでしょうか。
私が買ったの、ほんの去年か一昨年のことなのに…
順番が多少入れ替わっても大丈夫なんですが、
最初の方の作品はやっぱり凄くいいですよ。ぜひさがして下さいね♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.