「ジョゼと虎と魚たち」田辺聖子

Catégories: /

 [amazon]
9編が収められた短編集。私は見てないのですが、表題作は映画化もされましたねー。
先日の「残花亭日暦」で、久しぶりに田辺聖子さんの小説を読みたくなって、積んでた本の中から引っ張り出してきたのですが、でもこれはそれほどでもありませんでした...。以前大好きだった作品では、もっと女性たちに惹き込まれたのに、今回はそれがほとんどなくて。なんで? 短編のせい? それとも自分がトシを取ったせい? でも9編のうち、「恋の棺」だけは、「コレだ!!」と思える作品でした。この話、ダントツで好きだなあ。でもそう思えたのが1編だけとは、やっぱりちょっとサビシイなあ。(角川文庫)


+既読の田辺聖子作品の感想+
「残花亭日暦」田辺聖子
「ジョゼと虎と魚たち」田辺聖子

| | commentaire(0) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「ジョゼと虎と魚たち」田辺聖子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

あの子というのは、碧が結婚するつもりの相手らしいが、彼女はその相手に敬語を使っていない。「あの子」というのもいかにも雑駁で心安立てだが、そこにはずいぶん親しげな... » Lire la suite

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.