「闇から招く声」高橋克彦

Catégories: /

 [amazon]
「闇から来た少女」「闇から覗く顔」に続く、ドールズシリーズ3作目。今回は冒頭から血塗れのバラバラ死体が登場、かなりのスプラッタぶりです。駆けつけた警官は、その血の海の中で転んでしまうし、その拍子に、切り取られてた耳が口に入っちゃったり、首が膝の上に落ちてきたりとお気の毒...。そういうのに弱い人は、最初の3ページで既にアウトかも? (でも逆にスプラッタ好きだからといって、シリーズ1作目2作目を飛ばして読んじゃダメですよー)
で、今回の犯人とその正体はかなり早めに想像がついてしまったので、「まさか、そんなことありえない」という登場人物の言葉が空々しく響いたんですけど(今回は次から次へと新しい推理が登場して、そのほとんどに「まさか」「ありえない」という反応があったんですけどね・笑)、でもやっぱり面白かった。目吉センセー、好きだわあ。(角川文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「闇から来た少女」「闇から覗く顔」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「闇から招く声」高橋克彦

+既読の高橋克彦作品の感想+
「白妖鬼」高橋克彦
「鬼」高橋克彦
「火怨 北の燿星アテルイ」上下 高橋克彦
「空中鬼」高橋克彦
「天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男・九戸政実」1~3 高橋克彦
「炎立つ」1~5 高橋克彦
「風の陣」1~3 高橋克彦
Livreに、これ以前の作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「闇から招く声」高橋克彦 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.