「惑乱の公子」タニス・リー

Catégories: / / /

[amazon]
平たい地球3作目。これまで、闇の公子・アズュラーン、死の王・ウールムときて、今度は惑乱の公子・チャズが主人公なのね... と読み始めたんですけど、あれれチャズって意外と出番が少ない... むしろ全編に渡って登場しているのはアズュラーンのような。いえ、アズュラーンはとても好きなので、それもまた嬉しいんですけどね♪ でも、そうかといって、チャズの存在感があまりなかったわけではないのです。むしろこれだけの登場で、ここまでインパクトが強いというのも結構凄いかも。...ということで今回は、なんだかアズュラーンとチャズの対決といった感じでした。でもアズュラーンはチャズのこと嫌ってるんだけど、チャズはアズュラーンに対して、なんだか屈折した愛情を持ってるみたいなんですよねえ。
以前にも増して麗しい作品で、すっかり堪能しちゃいました。やっぱり浅羽莢子さんの訳は最高だわー。さて、次はどうなるんでしょう! 続けて「熱夢の女王」にいきまーす。(ハヤカワ文庫FT)


+シリーズ既刊の感想+
「闇の公子」タニス・リー
「死の王」タニス・リー
「惑乱の公子」タニス・リー
「熱夢の女王」上下 タニス・リー
「妖魔の戯れ」タニス・リー

+既読のタニス・リー作品の感想+
「タマスターラー」タニス・リー
「ドラゴン探索号の冒険」タニス・リー
「白馬の王子」タニス・リー
「ゴルゴン 幻獣夜話」タニス・リー
「血のごとく赤く」タニス・リー
「バイティング・ザ・サン」タニス・リー
「鏡の森」タニス・リー
「黄金の魔獣」タニス・リー
「幻魔の虜囚」タニス・リー
「幻獣の書」「堕ちたる者の書」タニス・リー
「月と太陽の魔道師」タニス・リー
「冬物語」「闇の城」タニス・リー
「銀色の恋人」タニス・リー
留守中に読んだ本(18冊)(「ウルフタワー」の感想)
「影に歌えば」「死霊の都」タニス・リー
「パイレーティカ 女海賊アートの冒険」タニス・リー
「銀色の愛ふたたび」タニス・リー
「水底の仮面」「炎の聖少女」タニス・リー
「土の褥に眠る者」「復活のヴェヌス」タニス・リー
「悪魔の薔薇」タニス・リー

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「惑乱の公子」タニス・リー へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

はじめまして

久しぶりに惑乱の公子とかを思い出して検索してやってきました。
タニス・リーはアズュリアズの物語が翻訳された頃(1989年ぐらいかな)
までしか読んでないけど(その後のは好みじゃなくなってしまったので)
好きです。一番好きなのはシャイナです。

Chuzですね。
惑乱の公子の中のAzhが一番好きです。
翻弄されてる感じが良いですよね。

nakatsukaさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

早くからタニス・リー作品を読んでらしたのですねー。
私は出会ったのがすごく遅かったので、初めて読んだ時は
もっと早く出会いたかったーとちょっと悔しかったです。

シャイナの話は「幻魔の虜囚」ですね! あれも良かったですねえ。
でも私が一番好きなのは、やっぱり「闇の公子」かな。

あ、チャズなのにチャドなんて書いてますね、私。
あとで直しておきます。ありがとうございます。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.