「陋巷に在り」1・2 酒見賢一

Catégories: / / /

  [amazon] [amazon]
ということで、昨日書いた全13巻の本というのは、この「陋巷に在り」でした♪
いやー、とうとう読み始めてしまいましたよー。中国歴史物大好きな私ですが、もちろんその歴史全体を網羅できているはずもなく(中国三千年の歴史を網羅だなんて到底無理!)、孔子に関してもほとんど知らない状態。春秋時代は好きなんだけど、今まで読んだ話は、どれも孔子の時代とは微妙にズレてるみたいなんですよね。読み始めてみても、かろうじて晏子を知ってるぐらいだったし。(これは宮城谷昌光さんの「晏子」で)
でも、なかなかいい感じです!
主人公は、孔子の一番愛されたという弟子という顔回。この青年がなかなかいい味出してるんです。普段は、日本で言えば長屋みたいなところに住んで、働きもせず、日がな一日学問をしてるだけのようなぼんやりとした青年。でも、やる時にはやってくれます。というのも、彼は実はただの勉強家ではなく、生まれながらに超自然的存在を感知できる、巫儒の術者だったのでした...!
ただ、1巻の裏のあらすじの「サイコ・ソルジャー」という言葉は、あまりそぐわないと思うんですけどね(^^;。
今日読んだのは、1巻の「儒の巻」と2巻の「呪の巻」。まだちょっぴり乗り切れてない部分もあるんですが、1巻から結構な呪術合戦が繰り広げられてて面白いし、歴史的な説明部分にも、知らなかったことが沢山あって、それがまた面白い。これからの展開が楽しみです。(新潮文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「陋巷に在り」1・2 酒見賢一
「陋巷に在り」3・4 酒見賢一
「陋巷に在り」5・6 酒見賢一
「陋巷に在り」7・8 酒見賢一
「陋巷に在り」9・10 酒見賢一
「陋巷に在り」11・12 酒見賢一
「陋巷に在り」13 酒見賢一

+既読の酒見賢一作品の感想+
「語り手の事情」酒見賢一
「聖母の部隊」酒見賢一
「ピュタゴラスの旅」酒見賢一
「泣き虫弱虫諸葛孔明」酒見賢一
「中国雑話 中国的思想」酒見賢一
Livreに「後宮小説」「墨攻」「童貞」「周公旦」の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(2)

Trackbacks(2)

「陋巷に在り」1・2 酒見賢一 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

陋巷に在り〈1〉儒の巻酒見 賢一新潮社Amazonで詳しく見るby G-Tools ついにスピリチュアルな世界へ★(嘘) » Lire la suite

酒見賢一著 「陋巷に在り 1儒の巻」を読む。 このフレーズにシビれた。  その時も顔回は化けた。ふにゃふにゃの綿のような男と思っていたものが、突然岩壁にも似... » Lire la suite

Commentaires(4)

こんばんは。

凄い!!!!
なんだか大作そうです。
小説で13巻っていうのも凄いですねー。
そしてとても面白そうーーー><

私も中国文学大好きなので、読んでみたいです。孔子の本は、漫画で、思想をわかりやすく描いてるのしか持ってないんですよ。「マンガ 孔子の思想」っていうのなんだけど絵がツボで購入したんですよね。

感想楽しみにしてますね。

つばきさん、こんにちは!
最初孔子の話と聞いた時は、「子、曰く」の世界…?って思ったんですが
読み始めてみると、全然そんな堅さのない作品でしたよ。
「仁」とか「礼」とか「儒教」とか言っても、この頃の中国は、まだまだ原始的な
呪術力の影響が強い世界だったのですねー。
さりげなく当たり前のように呪術合戦を繰り広げてるのが面白いし、
酒見さんの歴史的な解説部分も、意外と楽しいんですよー。
これは続きも楽しみです(^^)。

こんにちは~。
「陋巷に在り」!!!私も是非読みたい本なんですよ~!!
やはり面白いですか。うわー。気になります。
私は昨日から「水滸伝」に突入しました。
水滸伝を読みながら陋巷に在りはツライですよね・・・きっとこんがらがると思う・・・。
四季様のブログを読んで欲求不満を解消します!(´∀`)

moji茶さんも気になってたんですね!
なかなか面白いですよー。
特に呪術合戦の辺りが、ワクワクしてしまいます。
酒見さんの、歴史的薀蓄部分もなかなか楽しいし♪
…孔子が今ひとつ魅力に乏しい気もするんですけど
でもその代わりに、顔回がすごくいいんです♪

そしてmoji茶さんは、なんと、「水滸伝」でしたか!
うわあ、私も読みたいです。
…って、なんだかお互いに羨ましがってますけど(笑)
平行して読むのは、やっぱりちょっと無理だと思うので…
お互いのブログを読んで、しばらく我慢ですね。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.