「オルガニスト」山之口洋

Catégories: / /

 [amazon]
ドイツの音楽大学のバイオリン講師のテオが同僚に手渡されたのは、ブエノスアイレスの教会で録音したというオルガンの演奏の入ったディスク。現地に住む音楽雑誌の記者が偶然耳にして感動し、本格的な音楽家の意見も聞いてみたいと送ってきたのです。テオはオルガン科のラインベルガー教授にディスクを聞いてもらうことを約束をし、9年ぶりに教授に連絡をとることに...。

ということで、第10回ファンタジーノベル大賞受賞作。ハードカバーの時は三人称で書かれていた作品を、文庫化に当たって一人称に全面改稿したんだそうです。
この作品の「オルガニスト」が弾くのは、オルガンはオルガンでも、昔小学校の音楽室にあったようなオルガンではなくて(今もあるのかしら? 笑)、教会のパイプオルガン。パイプオルガンっていいですよね。でもって、やっぱりパイプオルガンにはバッハが良く似合いますよね! ピアノを習ったことのある方なら、バッハのインヴェンションを練習した方も多いと思うんですが、私の周囲ではものすごーく評判が悪かったあのインヴェンションを実は私、大好きだったんです。だから全体を流れるバッハの響きが、読んでいてすごく心地良かったです。...でもさすが日本ファンタジーノベル大賞、単純な話じゃありません。前半は青春小説風なんですけど、後半はもう全然思わぬ方向へと展開してびっくり。それでもバッハの響きが似合うのが、またびっくり。バッハって思ってた以上に懐が深いのかもしれないなあ。
この展開は完全に好き嫌いが分かれそうだし、私もそれに関しては全面的に賛成ってわけでもないんだけど(ネタばれになりそうで怖いよぅ)、それでも切なかったし、やっぱりこの雰囲気が好きですね。パイプオルガン、一度でいいから弾いてみたーい。(新潮文庫)


+既読の山之口洋作品の感想+
「オルガニスト」山之口洋
「0番目の男」山之口洋
「天平冥所図会」山之口洋

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「オルガニスト」山之口洋 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.