「クリスマスの4人」井上夢人

Catégories: /

 [amazon]
クリスマスの時期に読もうと思っていたのに、今頃になってしまいましたー。でも実際にはあんまりクリスマスは関係なかったですね。帯の「ビートルズが死んだ1970年。すべてはそこから始まった」というのも、まあその通りなんですけど、ジョンだのポールだのの名前がちらっと登場するだけです。(笑)
クリスマスの夜に人身事故を起こしてしまった4人の20歳の若者。警察には行かずに、その事故を隠すことを決意したのですが、その10年後の同じクリスマスの夜、4人の前にあの時死んだはずの男が現れて... という話。話は1970に始まり、10年ごとのクリスマスということで視点を変えて描かれていきます。導入はそれほど珍しくないパターンだし、オチはオチで、これは賛否両論なんじゃないかなあって思うんですけど(私は楽しめたけど←何でもアリ人間) でもこの10年ごとの描写が、ごくさりげないんだけど、なんかいいんです。新入社員の月給が3万7千円だった(!)という1970年に始まり、インベーダーゲーム全盛期(?)の1980年、バブル景気のの1990年、ほとんど現代の2000年。この登場人物たちと同年代の読者なら、もっとノスタルジーを感じられるんじゃないかなあ。んでもって、この4人はいくつになっても変わんないなーって感じなんですけど、でも学生時代の仲間って、ものすごーく久しぶりに会っても、会った瞬間昔の仲間に戻っちゃいますもんね。そんなことを思うと、なんだか微笑ましかったです。(光文社文庫)


でもこの作品の死体遺棄部分を読んで、先日読んだ雑誌の記事を思い出しちゃいました。その記事のタイトルは、「人は土に返れなくなっちゃったのよ」。自然食品の記事のようだったので、てっきり比喩的な意味だと思っていたら、そうじゃなくて本当に土に返れなくなってるという話でした。その理由は、食品と一緒に体内に入り、そして蓄積されていった防腐剤。日本では火葬がほとんどですけど、土葬のアメリカでは、遺骸の内臓がなかなか腐らないのが問題になってるんですって。も、もしや頭とか身体の表面とかはでろでろ~んと腐ってきてるのに、内臓だけはツヤツヤのピカピカ...? これは怖い! で、そういう防腐剤などの有害な添加物を腸から押し出して洗い流すことができるのは、玄米だけなんですって。そうだったんだー!!
玄米、食べましょうねっ。腐らない内臓、怖いです...(^^;。


+既読の井上夢人作品の感想+
「オルファクトグラム」上下 井上夢人
「クリスマスの4人」井上夢人
「the TEAM」井上夢人
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「クリスマスの4人」井上夢人 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.