「彩雲国物語 漆黒の月の宴」雪乃紗衣

Catégories: /

 [amazon]
彩雲国物語第5弾! もうこの面々に会えるだけで満足しちゃってるような気もするんですけど(笑)、今回も面白かったです。既に登場人物の名前を忘れかけていたので(4巻を読んで、まだ半年ぐらいしか経たないのに!)、最初の方はちょっとノリが悪かったんですけどね。登場人物も多いことだし、もうそろそろ、ちょっと詳細な登場人物表をつけて欲しい気が。
さて、茶州には辿りついてるものの、まだまだ道のりは長い秀麗たち。シリーズ途中なんで、細かい出来事に関しては触れないでおきますが、私が気に入ってるアノヒトが出てこないのはまあ仕方ないとしても、藍龍蓮があんまり登場しなかったのがさびしーい。や、ほんのちょっとの登場でも存在感がある人だし、出てきたとこは十分好きな場面だったんですけどね。あと好きな場面といえば、最初の方の静蘭がお茶を飲むとこと、後でお酒を飲むとこが... って書くと、なんだか飲んでばっかりなんですが...(笑) でも、今回場をさらったのは、完全に朔洵でしたね。実は今までそれほど好きじゃなかったんですけど(だって黒髪じゃないし... っておぃ!)、彼が「......いいな」と言った辺りから、妙に気持ちがいってしまったわ。
「ひゅるるるる~」の意味、分かりましたよ。それと「ドナドナ」ってこういう意味だったのね... ふえーん。>sa-kiっち
あとがきに、「残る色は三色」ってあったんですけど、それって全部で8巻になるってことなのかな? それとも、少なくとも8巻になるってことなのかな? 紅、黄、紫、茶、黒。あとは白と藍と碧。そういや彩八仙についてもそのうち明かされるのかな...? それはともかく、次はもっと王都がクローズアップされそうで、それも楽しみです。(角川ビーンズ文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「彩雲国物語 はじまりの風は紅く」「彩雲国物語 黄金の約束」雪野紗衣
「彩雲国物語 花は紫宮に咲く」雪乃紗衣
「彩雲国物語 想いは遙かなる茶都へ」雪乃紗衣
「彩雲国物語 漆黒の月の宴」雪乃紗衣
「彩雲国物語 朱にまじわれば紅」雪乃紗衣
「彩雲国物語 欠けゆく白銀の砂時計」雪乃紗衣
「彩雲国物語 心は藍よりも深く」雪乃彩衣
「彩雲国物語 光降る碧の大地」雪乃紗衣
「彩雲国物語 藍より出でて青」雪乃紗衣
「彩雲国物語 紅梅は夜に香る」雪乃紗衣

| | commentaire(8) | trackback(3)

Trackbacks(3)

「彩雲国物語 漆黒の月の宴」雪乃紗衣 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

彩雲国物語 漆黒の月の宴 彩雲国物語第5弾。 今回は妖しく“黒”です。朔洵のイメージにぴったりですね。 前回に引き続き茶州編。果たして秀麗は無事に州牧... » Lire la suite

読みました! 彩雲国シリーズの最新刊。まぁ、茶家のお家騒動は置いといて(置いとくんかいっ!)、静蘭と朔洵の静かなるバトルが非常に読み応えありました。全然穏やかで... » Lire la suite

秀麗たち一行は、茶州州牧に着任するため琥れん(漢字にすると、なぜか一部文字化けする)に向かうが、地元の豪族、茶家の妨害工作にあう。茶家次男の茶朔洵の秀麗への執着... » Lire la suite

Commentaires(8)

四季さんも読まれたんですね。
本がまだ届かないの~(><)
朔洵が活躍するのなら待てるわ。
愛しのダーリンは別だけど、登場しそうにないから(笑)
彩八仙で8巻が最低ラインだと私も思ってます。
人気があれば、番外編とか外伝とか、いくらでも書けそうな物語なので、その辺は、商業ベース次第かなあと。

はい、読みました~。
届くのを待ってる間って、じれったいですよね。分かります。
でもそうなんですよ、今回はやっぱり朔洵かと!
NARUさんは朔洵がお好きだったんですね(^^)。
あ、でも「愛しのダーリン」はまた別にいるのですか。
誰だろう… 気になります。(笑)

彩八仙で8巻が最低ライン… そうですね、そうですよね。
商業ベースで色々出たとしても、やっぱり基本は8巻でしょうね。
一体どんな風にしめてくれるのか、これから先も楽しみです。

四季さん、こんばんは。未明です。
遅ればせながら、わたしも流行りのブロガーになりましたので(笑)、
手馴らしに“彩雲国”でTBさせていただきました。
(ウチのはショボイ記事で申し訳ないですけど)
今後ともどうぞ宜しくです!

おお、未明さんもとうとうブロガーに!!
TBありがとうございますー。私もさせて頂きますね。
わーい、嬉しいなあ。
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いしますね♪

初めましてっ!今日は。
鈴 珠洲(レイ スズ)です。
うぅっ、皆さんいいなぁ…。
まだ三巻までしか読んでないんですよ。(ショック!)
絶対、購入して、一時間で読破して、
三日かけて読み直すんだぁ!
(↑勝手にやってろ)
読めたらまた、お邪魔しますねっっ!(笑)

鈴 珠洲さん、こんにちは! 初めまして。
今、3巻まで読まれてるんですね。
でもでも、これからまだまだ続きを楽しめるなんて、
そっちの方がうらやましいですよー。
1時間で読破なんて勿体無い!
ぜひともじっくり楽しんで下さいませ(^^)。
(でも実際読んでると気が逸るんですよねー・笑)

全巻にTBさせて頂きました。
初心者なものでドキドキ。
へんな記事が来たら、こそっと削除してくださいねー。
こんな時のために、感想とプライベートは分けて書くべきですね。恥ずかしすぎ。
勉強になりましたー。

ブラッドさん、TBありがとうございますー。
全部ちゃんとされてましたよん。
でも最初はドキドキするの、すごく分かります(^^)。
感想とプライベート、ああ、そうかもしれないですねー。
ブログの方が、1つ1つのエントリの独立性が高いんですよね。
でもって、ブログって検索ヒット率がすごく高いみたい。
随分前の記事でも。後から知ってびっくりです。(^^;

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.