「夏休みは命がけ!」とみなが貴和

Catégories: /

 [amazon]
引きこもりのはずの幼馴染の五郎丸が、スポーツバッグに猟銃を入れて東京へ?! 瓜生は五郎丸の妹に頼み込まれて、東京行きの電車に飛び乗ることに...。ということで、高校2年生の男の子2人の夏休みの冒険譚です。
登場人物たちが地元・高崎(群馬)にいた時はのんびりとした青春小説だったのに、東京に出てきた途端、冒険小説ノワール風味。走り回ってるのは上野とか本郷とか御茶ノ水辺りなんですけど、もうすっかり不夜城の世界になっちゃいました。時間の流れも一気に速くなって、すごいスピード感。でもねー、とみなが貴和さんにしては今ひとつ切れが足りなかったような気もするんですよね。心理描写が上手いのがとみなが貴和さんの持ち味なのに、家出した五郎丸の切迫した心理があまり伝わってこなくて...。可愛い女の子の頼みを断りきれなくてついつい東京まで行ってしまうお人よしの瓜生の方は、なんだか分かるんですけどね。...そしてラストは何ともダークな予感。どうも座りの悪さを感じます。これは単発? それとも続編もあるのでしょうか? (角川スニーカー文庫)


+既読のとみなが貴和作品の感想+
「EDGE」「EDGE2 三月の誘拐者」とみなが貴和
「EDGE3 毒の夏」「EDGE4 檻のない虜囚」とみなが貴和
「セレーネ・セイレーン」とみなが貴和
「夏休みは命がけ!」とみなが貴和
「EDGE5 ロスト・チルドレン」とみなが貴和

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「夏休みは命がけ!」とみなが貴和 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.