「魔法がいっぱい」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

Catégories: / / /

 [amazon]
「大魔法使いクレストマンシー」シリーズ外伝。短編が4つ入っています。私が一番気に入ったのは、「魔女と暮らせば」と「トニーノの歌う魔法」の主役同士の共演となる「キャットとトニーノと魂泥棒」かな。男の子2人が可愛いんですよー。あと、夢見師という職業の女の子が出てくる「キャット・オニールの百番目の夢」も、なかなか面白かったです。しかもこの女の子のお父さんは、「クリストファーの魔法の旅」に出てきた、クリストファーの学校時代の親友なんですよー。こんな風に話がどんどん広がっていくのって大好き。でもこれでクレストマンシーシリーズはオシマイらしいです。次世代のクレストマンシーの話とかもちょっと読んでみたかったんだけどな... そういうのが全然なくてちょっと残念。でも十分面白かったです。それにこのシリーズは表紙がとっても可愛くて大好き。手元に本を置いてるだけでも楽しかったし、読んで良かった♪
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ作品は、手元にはあと「星空から来た犬」と「七人の魔法使い」があるんだけど、さすがに10冊続けて読むと疲れますね。(笑) ということで、ファンタジーは一休み。次は海外ミステリに戻る予定です。(徳間書店)


+シリーズ既刊の感想+
「魔法使いはだれだ」「クリストファーの魔法の旅」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔女と暮らせば」「トニーノの歌う魔法」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法がいっぱい」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法の館にやとわれて」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「キャットと魔法の卵」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

+既読のダイアナ・ウィン・ジョーンズ作品の感想+
「魔法使いハウルと火の悪魔」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「アブダラの空飛ぶ絨毯」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「デイルマーク王国史」1~4 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「わたしが幽霊だった時」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
留守中に読んだ本(18冊)(「マライアおばさん」「七人の魔法使い」「時の町の伝説」の感想)
「呪われた首環の物語」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「花の魔法、白のドラゴン」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「いたずらロバート」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジーランド観光ガイド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バウンダーズ」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「星空から来た犬」「魔空の森ヘックスウッド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バビロンまでは何マイル」上下 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ウィルキンズの歯と呪いの魔法」「海駆ける騎士の伝説」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「うちの一階には鬼がいる!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法!魔法!魔法!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ぼくとルークの一週間と一日」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「牢の中の貴婦人」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
Livreに「ダークホルムの闇の君」「グリフィンの年」「九年目の魔法」の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「魔法がいっぱい」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

四季さん、こんにちは!
うわ~、一気読みですね!!
さすがです~~。

私はこれからやっと「私が幽霊だった時」を読み始めるところです。

ジョーンズ作品って、何だか後半一気に展開しておもしろくなりますよね。

ちょっとクセになりません!?(笑)

それから、どれも、表紙がカラフルですよねっ。(^^)

いっぺんに読まれたので、ファンタジーは、もうお腹いっぱいですか?

そうなんです、一気読みしちゃいました!
ジョーンズ作品ってなんだか独特ですよね。
最初話に入るまでがちょっと大変で…
…「わたしが幽霊だった時」も、ほんとそうでした。
でも後半の意外な展開がすごくってびっくりさせられちゃう。
ほんとクセになりますねー。
あ、ファンタジーはおなかいっぱいというより、
ジョーンズ作品を一気読みしすぎちゃった感じかしら。
でももうしばらく経ったら、未読の2冊を読む予定です♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.