「SF&ファンタジー・ガイド 摩由璃の本棚」神月摩由璃

Catégories: /

 [amazon]
この本の表紙が出てくることが驚き! だってこの本は1989年に出た本で、もう出版元の会社もないし、当然絶版になってる本なんですよー。以前読んだ「幾千の夜を超えて」がものすごーく良かった神月摩由璃さんのSF&ファンタジー読書案内です。BAROQUE MIDNIGHT / GOTHIC TWILIGHT の森山樹さんのオススメ。もう、かなり探しましたよ。ようやくみつかって嬉しい!! ...でもこれが意外と難関だったのでした...。ゲームの雑誌に掲載されていたブックレビューだけあって、文体が「幾千の夜を超えて」とはまるで違うのです。☆とか★といったマークもいっぱい。
>きゃっ、SFだわ、ケン・ソゴルだわ☆
なーんて感じなんですもん。イヤん、こういうのを本の活字で読むのって苦手なのにぃ☆★☆
(ネット上で読むんだったら、全く大丈夫なのになあ...)

でも紹介されているSF&ファンタジー作品は面白そうなのばかりです。...というか、ナルニアの紹介の中で、「次はいよいよ私の大好きな『馬と少年』です。」という言葉を読んで、もう私はすっかり親近感! 私も「馬と少年」大好きです! シリーズ7冊の中ではこれと「朝びらき丸 東の海へ」「カスピアン王子のつのぶえ」が特に好きなんですけど、その中でも「馬と少年」は別格。この作品を好きな人に悪い人はいない... じゃないですが(笑)、これはかなり趣味が合う人なんじゃ... なんてことを思っちゃうんですよねえ。(^^ゞ
月刊誌で3年と1ヶ月分、37章で紹介されている作家は40人以上。シリーズ物が多いので、かなりの作品数が紹介されています。私が読んでいない作品も沢山紹介されていて、色々と読んでみたくなっちゃいました。15年前に紹介されてるわけだし、既に絶版になっている作品も多そうですけどね。まずはフリッツ・ライバーの「ファファード&グレイ・マウザー・シリーズ」かな。これは現在復刊中で、着々と揃え中なので♪ (現代教養文庫)


+既読の神月摩由璃作品の感想+
「幾千の夜を超えて」神月摩由璃
「SF&ファンタジー・ガイド 摩由璃の本棚」神月摩由璃
「魔州奇譚」1・2 神月摩由璃
「花輪竜一郎さんの優雅な生活」「リュスリナの剣1」神月摩由璃

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「SF&ファンタジー・ガイド 摩由璃の本棚」神月摩由璃 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.