「ハルイン修道士の告白」エリス・ピーターズ

Catégories: / /

 [amazon]
瀕死のハルイン修道士がカドフェルと院長相手に懺悔。恋人と引き裂かれて18歳で修道院に入ったハルインですが、実は恋人のおなかの中には、既に彼の子が宿っていたのです。そのことを恋人の母親から知らされたハルインは、求められるままにカドフェルの薬草で堕胎薬を調合。しかし恋人はその堕胎薬によって、おなかの赤ちゃんもろとも亡くなってしまったというのです。

修道士カドフェルシリーズ15冊目。今回は懺悔した修道士とカドフェルが、修道士のかつての恋人の墓参りをするために恋人の母親を訪れます。今回はいつも以上にフェアに書いてあるのかしら... あれ?と思ったら一気に謎解きまで全部分かっちゃいました。とは言っても、この作品はミステリだけの作品じゃないので、全然大丈夫なんですけどね。カドフェルを巡る人間ドラマは相変わらず読ませてくれます。それにしても、その恋人だった女性のお母さん、怖ーい。や、彼女自身も哀しい人生を送ってるのは良く分かるんですが...。でもハルイン修道士に関しては、良かった良かった。たとえ事故で足が不自由になっても、心が不自由なまま過ごすよりは、彼にとってはずっと幸せなんですものね、きっと。(光文社文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「聖女の遺骨求む」「死体が多すぎる」「修道士の頭巾」...ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「聖ペテロ祭殺人事件」エリス・ピーターズ
「死を呼ぶ婚礼」エリス・ピーターズ
「氷のなかの処女」エリス・ピーターズ
「聖域の雀」「悪魔の見習い修道士」エリス・ピーターズ
「死者の身代金」「憎しみの巡礼」エリス・ピーターズ
「秘跡」「門前通りのカラス」エリス・ピーターズ
「代価はバラ一輪」エリス・ピーターズ
「アイトン・フォレストの隠者」エリス・ピーターズ
「ハルイン修道士の告白」エリス・ピーターズ
「異端の徒弟」エリス・ピーターズ
「陶工の畑」「デーン人の夏」エリス・ピーターズ
「聖なる泥棒」「背教者カドフェル」エリス・ピータース
「修道士カドフェルの出現」エリス・ピーターズ

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ハルイン修道士の告白」エリス・ピーターズ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.