「フジミ・ソルフェージュ」秋月こお

Catégories:

 [amazon]
あ、新刊... なんて思ったら、富士見二丁目交響楽団シリーズのプレミアム企画本でした。(笑) いくつかの短編に、イラストやキャラクター名鑑、年表や地図その他付き。話は読みたいけど、私はそれほどコアなファンじゃないし、このやけに詳細な年表や地図や巻頭イラストなんかはいらないんだけど... と思いつつ(笑)、でも短編は結構面白かったです。美人で性格がいいのは分かるけど、実はあまり好きじゃない川嶋奈津子嬢の「奈津子 玉砕」も良かったし。ただ、その後の短編で、悠季の大学時代の最初の友人となる住吉が、出会い頭に「あんさん、何科?」と言ったのにはひっくり返りそうになりました... 「あんさん」って京言葉ですよね、確か。もしくは、大阪商人の言葉。(ち、違うかしら) 若い人も使うのかなー。や、なんとなく、いい年したおっちゃんが使う言葉というイメージが染み付いているもので...(^^; 私の知り合いの範囲で「あんさん」という言葉を使う人っていったら、親戚のおじさん(京都在住)ぐらいしかいないというだけの話なんですけどね。
で、同じくプレミアムな本といえば、「クラシカル・ロンド」というのも出ているらしい... でもこちらはハードカバー。それこそコアなファンじゃない私には、ハードカバーはちょっとねえ。(笑)(角川ルビー文庫)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「フジミ・ソルフェージュ」秋月こお へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

やはりこちらはファンサービス本という感じなのですね。
実は、2冊とも購入してません。
「クラシカルロンド」、高すぎますよね。
本編の続きというわけでもないようなので
見送ろうと思います。
今のところ、重版してもすぐ売り切れ状態らしいのですが、
やはり高い本はちょっとずつ刷るんでしょうか(笑)

文庫化or古本落ちを待ちます♪

そうなんです。>ファンサービス本
「奈津子 玉砕」は、圭がフジミに来た直後の話なんで
色んな角度から読み合わせてみると面白そうなんですが
そこまではしてません…(笑)
こっちは文庫だからまだいいんですけど、
「クラシカルロンド」は、さすがにねえ。高いですよねえ。
それでもすぐ売り切れになっちゃうって凄い!
や、文庫or古本落ちでも十分かと~。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.