「ながいながいペンギンの話」いぬいとみこ

Catégories: / /

 [amazon]
岩波少年文庫再読計画第5弾。南極に生まれたペンギンのルルとキキの冒険物語です。有名な作品なので、読んでる方も多いのではないかと思うのですが、実は私は今回読むのが初めて。きっと自分で字が読めるようになってすぐぐらいの時に読むのに向いてる本だと思うんですけど、すっかりタイミングを逃してしまったんですよね。その後ちょっと気になりつつも、先にカレル・チャペックの「長い長いお医者さんの話」を読んで、こちらがものすごーく気に入ってしまっていたもので、なんだか二番煎じのような気もしちゃってたんですよねえ。
でも実際読んでみて、全然思ってたのとは違ってました。字も大きいし易しいし、読み始めたらすぐ読めちゃうような作品なんですが、短い物語の中に人生の色々なことがぎゅっと濃縮されてました。でも全然説教臭くなくて、するすると楽しく読めちゃう。人気があるのも分かります。こういう作品は、やっぱり子供の時に読んでおかなければ! でもこんな風に読み逃していた作品を読むと、再読計画をやって良かったな~って思います。そうでなければ、読むチャンスってなかなか巡ってこないですものね。(岩波少年文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ながいながいペンギンの話」いぬいとみこ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.