「生贄を抱く夜」西澤保彦

Catégories: /

 [amazon]
神麻嗣子ちゃんのチョーモンインシリーズ第7弾。ようやく読めました!
この1冊の中に収められているのは短編が7編。いつもよりも短い? それにいつものレギュラー陣が、ほとんど登場してない! 特に保科さんなんて最初だけじゃないかーっ。とはいえ、いつものように明るく楽しく、ちょぴり毒を含みながら話が展開していきます。色々とみょ~な超能力が登場して面白いし、やっぱりこのシリーズは好きだなあ。それにあとがきに書かれているような「キャラクターを外側から眺める物語を書いてみたくなる」というのは分かります。私もそういうのを読むのは大好きです。
でもね、それはいいんですけど... 今回は全体的に随分小粒のような気も。なんでこんなに小粒なんだろう、短編集の時はいつもいくつ入ってたかしら、と調べてみたら、「念力密室!」「転・送・密・室」「人形幻戯」の時はそれぞれ6編ずつ。全体のページ数はそれほど変わらないはずなんですよね。1編増えるだけで、こんなに短く感じるのか... と、ちょっとびっくりでした。うーん、「短い=小粒」でもないと思うんだけど...。次こそは、ぜひとも!じっくりとした長編が読みたいです。本当に。(講談社ノベルス)


+シリーズ既刊の感想+
「幻惑密室」「実況中死」「念力密室!」「夢幻巡礼」「転・送・密・室」「人形幻戯」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「生贄を抱く夜」西澤保彦
「ソフトタッチ・オペレーション」西澤保彦

+既読の西澤保彦作品の感想+
「方舟は冬の国へ」西澤保彦
「腕貫探偵 市民サーヴィス課出張所事件簿」西澤保彦
「フェティッシュ」西澤保彦
「キス」西澤保彦
「春の魔法のおすそわけ」西澤保彦
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「生贄を抱く夜」西澤保彦 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

四季さん、こんばんは~。

私もすっかり西澤作品にハマってしまってるのですが、チョーモンインシリーズの第1作、2作は大事に積んであります!
これからの楽しみにとってあるのですが、私の場合まだまだ西澤作品を読み始めたばかりなので、未読作品がいっぱいあって嬉しいです♪

みらくるさん、こんにちは~。
チョーモンインシリーズ、これからのお楽しみですか。
まだ未読がいっぱいあって、これから色々と楽しめるなんて羨ましいです!
いや、もう、作品を全部読みつくしてしまうと、達成感だけはたっぷりあるんですけど(笑)
でも次の作品が出るまで、待たなくちゃいけないですしね~。
「これは読まずに、後のお楽しみに取っておこうかしら?」なんて
思ったりもします… でも結局読んじゃうんですよね。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.