「桃」姫野カオルコ

Catégories: /

 [amazon]
同じく姫野カオルコさんの「ツ、イ、ラ、ク」と対になるような短編集。今年の3月末に出た時から読みたくて仕方なかったんですが、ようやく読めました! いやー、やっぱり良いですね...。「ツ、イ、ラ、ク」ほどではないんだけど、あの雰囲気を肌の感覚で覚えているだけに、これを読んでいると「ツ、イ、ラ、ク」の世界が鮮やかに蘇ってきます。特に「高瀬川、それから」が良かったな。あとは表題作の「桃」かしら。そしてこれを読んだら無性に「ツ、イ、ラ、ク」が読みたくなっちゃって、またしても読み返してしまうことに...。
「ツ、イ、ラ、ク」は、去年の自分のマイベスト本で4位にした作品でもあります。やっぱり良かった! 今回、読んでる途中で、「キスするよりも抱き合うよりも熱かった時間」という言葉にドキッとしたんですけど、前読んだ時の感想を見たら、その時もやっぱりその言葉がとても気になってたらしいです。またいつか読み返したら、そのことをすっかり忘れて、またこの言葉のところで目が止まっちゃうのかしら?(笑) そして今回は、小山内先生にものすごーーく惹かれました。(前読んだ時も惹かれたと思うんだけど、こちらは自分の感想には特に何も書いてありませんでした...)

「桃」のあとがきに、「長編小説のほうを読んでいなくても、それと対になっていると知らなくてもかまわない。長編未読の人を読者と想定して書きました。」とありました。もちろん「桃」だけでもいいんだけど... でもやっぱり「ツ、イ、ラ、ク」があってこその作品なんじゃないかと思います。あの世界を知ってるからこそ、無性に痛くて切なくてエロティックなのではないかと。(角川書店)

久しぶりに2004年のマイベスト本の記事を見たら、「夜のピクニック」の画像だけが大きくなっててびっくり。本屋大賞を取ったから? 何も大きくしなくても... と思うのだけど、画像としては左端の1つ目なのでバランス的には悪くなくて、それがなんだか可笑しーい。


+既読の姫野カオルコ作品の感想+
「桃」姫野カオルコ
「受難」姫野カオルコ
「変奏曲」姫野カオルコ
Livreに「ツ、イ、ラ、ク」の感想があります)

| | commentaire(8) | trackback(2)

Trackbacks(2)

「桃」姫野カオルコ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

桃姫野 カオルコ 角川書店 2005-04-01売り上げランキング : 30,530Amazonで詳しく見る by G-Tools わたしたちはさんざん... » Lire la suite

桃 ■やぎっちょ書評 いきなりですが、本文から。 「桃はむずかしい。いくつかの点でむずかしい。」 この官能的?なはじまりの文章。その後を読むまでもなく、... » Lire la suite

Commentaires(8)

こんにちは!TBさせていただきました。
いつぞやにオススメしていただいた「桃」、ようやく今日読みました。
好きな作品は一番最初の「卒業写真」でしたが、相変わらず姫野さんは思春期の男の子とか女の子の心情を描くのがうまいなあ・・・と関心。
そして成長したおっさんの描写も(゜∀゜)bイイ!
満足の作品でした。

moji茶さん、こんにちは~。「桃」読まれたんですね(^^)。
これを読んだら、もう一度「ツ、イ、ラ、ク」を読み返したくなりませんでしたか???(笑)
うんうん、成長したおっさん(笑)の描写もいいですよね♪
moji茶さんのお気に入りは、「卒業写真」でしたか。
あれもいいですよねえ。嗚呼、初恋よ永遠に。
という私は「ツ、イ、ラ、ク」の間隙を縫っている「高瀬川、それから」が好きです。
あ、だからこそ、「ツ、イ、ラ、ク」が再読したくて居てもたっても
いられなくなったのかもしれないですね。(笑)

これ、最近読みました。「ツ、イ、ラ、ク」の記憶はだいぶ消えてて新鮮に楽しんじゃいましたが、
「ツ、イ、ラ、ク」再読したくていらいらしてしまいました。2冊手元に置いて交互に読んで重層的に浸りたい、確かにそんな作品群ですね。
姫野さん、今までの作品より、一歩突き抜けた感じがしました。本当にエロティックで切なかったですね。
更に中学時代の思い出が次々出てきて、個人的にはきっつい本でしたが(笑)

前に「ツ、イ、ラ、ク」を読んでいても、これを読んだらまた読み返したくなっちゃいますよね。
確かに2冊手元に置いて、交互に読んで浸りたい作品群かも… いやあ、そうできて良かったです。(笑)
あ、でも姫野さん、実はこの2冊しか知らないんですよー。
「受難」と「変奏曲」は手元にあるので、近々読みたいと思ってるんですが…
一歩突き抜けたんですか。以前とはどんな風に違うのか、すごく楽しみです。

おお、「受難」があるんですか。
「桃」とは全然違う感じですけど私はかなり好きです。なんていったらいいのか、あのおかしさと切なさ・・・でも人は選ぶと思います・・。
「ツイラク」「桃」は万人にお薦めできますが、「受難」は恐る恐る薦めるって感じ?(笑)読んでみてください。

恐る恐る薦めるって感じですか?
それはすっごく気になります。普通のオススメよりも気になっちゃうかも。(笑)
早いトコ読んでみなくちゃいけないですね。今月中にでも読んでみます。
読んだらご報告にあがりますね(^^)。

こんにちは。TBさせていただきました。
「桃」を読んだんですか、対になる小説が何かも分からなかったので、此処で知ることがでしました。
ありがとうございます。
「ツ、イ、ラ、ク」があっての作品と言われているので、読んでみようかと思います。

satさん、はじめまして! TBありがとうございます。
「桃」を先に読まれたのですね。
それはぜひ「ツ、イ、ラ、ク」も続けて読んでみて下さい!
またしても「桃」に戻りたくなっちゃうかもしれません(^^)。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.