「七姫物語」1~3 高野和

Catégories: /

   [amazon] [amazon] [amazon]
宙の本棚の小葉さんに「ほんのり中華風のファンタジー」と教えていただいた作品。この作品は2003年度の第9回電撃ゲーム小説大賞の金賞受賞作品なのだそうです。...いえ、そういう賞もあるのね。という程度の認識しかないのですが(^^;。
最初のページを開いてみた時の雰囲気で、ネットでオリジナルの長編小説を書いてらっしゃる方の作品を思い出してしまって、なんだかびっくり。5行ぐらいしか読んでない時点での話なので、似てるとか似てないとかそういうの以前の話なんですけど、作者さんのプロフィールを探してしまったわー。結局年齢が全然違っていたので残念。

これは架空の東和という地方の7つの都市が、それぞれ先王の遺児だという姫君を祭り上げて、覇権争いをする物語。この物語の主人公、12歳の空澄(からすみ)がいるのは7番目の都市なんですよね。だから「七姫」。もっとも、空澄は施設育ちの孤児で全然王の血なんて継いでないのですが... だから他のお姫さまも本物かもしれないし、偽者かもしれないし、微妙なところ。
この雰囲気は確かに中華風。そして大陸風でもあります。あくまでも主人公の空澄の視点で展開していくので、乱世の覇権争いの話の割には重厚さや緊張感みたいなのはなくて、あくまでもまったりほんわりとしてるんです。これって結構珍しいパターンかもー。最初は世界観がなかなか掴めなかったし、最後まであんまりほのぼのしてるんで、ちょっと物足りない部分もあったんだけど、でもなかなか楽しかったです。キャラクターがいいんでしょうね。私が一番気になるのは、衣装役さん。名前も分らないキャラなんですけど、彼女、いいわあ♪
そしてお姫さまたちの名前は、それぞれ「黒曜」「翡翠」「常盤」「琥珀」「浅葱」「萌黄」「空」という色の名前になってるんですが、物語全体を通して感じたのはとにかく晴れ渡った空の色。主人公以外のお姫さまが登場しても、そのイメージはあまり変わらなかったな。でもねー、このお姫さまに「空澄」という名前はとてもよく似合ってると思うんですけど... でも「カラスミ」なんですよ、「カラスミ」。どうしても酒の肴のイメージが!(笑) 「空澄」と書けば綺麗なのにねえ。漢字とカタカナじゃ、受けるイメージがほんと全然違いますね。(笑)

あと、この作者さんはきっと紫堂恭子さんのファンなんだろうな... そんな感じです。(電撃文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「七姫物語」1~3 高野和 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.