「ダーシェンカ」「チャペックの犬と猫のお話」「園芸家12ヶ月」カレル・チャペック

Catégories: /

   [amazon] [amazon] [amazon]
「長い長いお医者さんの話」で有名なチェコの作家、カレル・チャペック。この中では「ダーシェンカ」を最初に読んだんですけど、全編これ犬の話。「ダーシェンカ」とは、フォックステリアの子犬の名前で、チャペックがもうほんとべた惚れになってるのが可笑しいのです。子犬を大人しくさせるためにお伽話を作ってみたり、「子犬の写真をうまく撮るには」では、なかなか大人しく写真を撮られてくれない子犬のことが面白可笑しく書いてたり。...でも続けて「チャペックの犬と猫のお話」を読んだら、「ダーシェンカ」の内容もそっくりそのまま入ってました(^^;。 とは言っても、「ダーシェンカ」の方が余裕たっぷりのページ作りがされてるので、同じ部分を読むなら「ダーシェンカ」の方がオススメかも。
「チャペックの犬と猫のお話」は、内容的には「ダーシェンカ」の倍以上あって、こちらは犬だけでなく猫の話も色々と入ってます。日本では犬派と猫派に分かれちゃうことが多いですけど、海外だとどちらも飼ってる人って結構多いですよね。チャペックもそう。でもどっちも雌だから、どんどん子供を産んで、どんどん増えていっちゃう。周囲の人にあげまくってるようですが、「じきに、みんなが私のことを避けているような気がし始めた」というのが可笑しいです。 
「園芸家12ヶ月」では、そんな犬猫を溺愛するのとはまた違って、園芸マニアなチャペックの一面を見ることができます。私みたいに普段は水遣りをするだけの怠慢ガーデナーからすると、もうほんと黙って尊敬するしかないマニアックぶり。でも気持ちは分かるんですよね~。雨が降っても風が吹いても、晴れの日が続いても苦労が絶えないチャペック。読みながら、思わずニヤニヤしてしまう方も多いのでは。ほんとチャペックのマニアックぶりが可笑しいです♪(新潮社文庫・河出文庫・中公文庫)


+既読のカレル・チャペック作品の感想+
「ダーシェンカ」「チャペックの犬と猫のお話」「園芸家12ヶ月」カレル・チャペック
「イギリスだより」「スペイン旅行記」カレル・チャペック
「ロボット」チャペック
「チェコスロヴァキアめぐり」カレル・チャペック
「北欧の旅」カレル・チャペック

| | commentaire(0) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「ダーシェンカ」「チャペックの犬と猫のお話」「園芸家12ヶ月」カレル・チャペック へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

津原泰水まつり。 …ひそかに、ぢみに、地道に、進行中です。 なんだかんだいって、... » Lire la suite

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.