「がんばっていきまっしょい」敷村良子

Catégories: /

 [amazon]
高校ボート部に女子部を作ろうと、先生に働きかけ、部員集めに走り回る悦子の3年間の物語。以前映画にもなっていますし、今も確かドラマ化されているんですよね? 宙の本棚の小葉さんが、たらいまわし企画の第12回「爽やかな春に読みたい青春小説」で挙げてらした作品でもあります。なんと作者の敷村良子さんは、小葉さんの高校時代のクラスメイトなんですって! 作品自体はフィクションでも、本の中にはその当時の雰囲気が詰まっているだなんて、いいですねえ。なんだか羨ましくなっちゃいます。
お世辞にも要領が良いとは言いがたい悦子たちなので、その活動を軌道に乗せるまでが大変なんですが、でも彼女たちの諦めの悪さのようなものが、読んでいる側にも達成感を与えてくれます。作中で家庭科教師が、「器用な人が楽々こなすより、不器用な人が苦労してなしとげるほうが、何倍も尊いのよ」と言ってますが、本当にその通りなのでしょうね。
ちなみに「がんばっていきまっしょい」は、松山東高校に伝わる気合を入れる時の掛け声とのこと。「がんばっていきまっしょい」「ショイ!」という掛け声の部分は、読んでるだけでも雰囲気が伝わってきて、読んでいると熱くなってしまいます。でも... 青春ってほんと恥ずかしいですね。悦子も「出来事を消せる消しゴムがあれば、あれもこれもごしごし消し去りたい恥ずかしい思い出ばかりだ」と言ってますが、私もほんとそうです。あの頃のことって、思い出すだけで身が竦みそうになります。(笑)(幻冬舎文庫)

そうそう、この作品も方言がいい味を出してる作品でした! 同じ四国でも、香川県が舞台の芦原すなお氏の「青春デンデケデケデケ」と、愛媛県が舞台のこの作品では言葉がまた全然違っているのですが、でも雰囲気はどこか似通っていて... いい感じです(^^)。

| | commentaire(6) | trackback(2)

Trackbacks(2)

「がんばっていきまっしょい」敷村良子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

 篠村悦子が入学した松山東高校には女子ボート部がなかった。悦子は女子部を設立するが、最低5人は必要なメンバーが集まらない。しばらくは男子部と一緒に練習することに... » Lire la suite

松山にある進学校でボート競技に打ち込む悦子たち。 1995年坊っちゃん文学賞受賞作。    【送料無料】がんばっていきまっしょい [ 敷村良子 ]価格:5... » Lire la suite

Commentaires(6)

四季さん、こんにちは~♪
私はドラマの『がんばっていきまっしょい』にハマってしまってます(>_<)
悦子役の鈴木杏ちゃんとってもカワイイし、悦子の父親役の大杉漣さんも渋くて好きです!
小説も読んでみたいと思ってます。

あ!「青春デンデケデケデケ」も☆
たらいまわしで皆さんに紹介していただいた青春小説、読んでみたいのがたくさんあって嬉しいです♪
春に紹介して頂きましたが、暑い夏にも青春小説いいかも☆

はじめまして、street-kidsという者です。前々から本を選ぶときの参考にしたり、自分の評価と比べてみたりとさせてもらっていたのですが、同じ日に同じ本を読んだという偶然を利用して、初トラックバックさせていただきました。どうぞ、これからもよろしくお願いします。

>みらくるさん
こんにちは~♪ あ、みらくるさんはドラマを見てらっしゃるのですね!
わあ、ハマってらっしゃるだなんて、私も見たくなってしまいます。
大杉漣さん、いいですね!
あ、本の悦子は、そんなに可愛らしい女の子じゃないんですよ。(不機嫌だし)
鈴木杏ちゃんがどんな風に演じているのか見てみたいです。

「青春デンデケデケデケ」もいいですよぉ! 大プッシュです。
あ、読まれる時は、「私家版」じゃなくて普通の方がオススメです。
「私家版」は音楽関係の薀蓄がひたすら長いという噂なので。(実は未読)
そうですね、暑い夏にも青春小説がぴったりかも!
青春って汗とか日焼けもよく似合いますしねえ。(笑)

>street-kids さん
はじめまして!以前から見て下さってたなんて、ありがとうございます。
評価は、比べてみていかがでしたか?
同じ日に同じ本を読んでるなんて、なんて偶然!
こちらこそ、これを機にどうぞよろしくお願いいたしますね。あとでTBもさせていただきます~。

こんにちは~。
おや、「がんばっていきまっしょい」、ドラマにもなってるんですか(@_@)
かなりの人気なんですねえ。不器用にがんばってる
っていう感じがいまどき新鮮なのかしらー。
私は映画も観てないのですが、よかったらしいですね。
今度帰国するときは、絶対レンタルしなきゃと思ってます。
「がんばっていきまっしょい」。大好きな掛け声です♪
高校生活、私も照れる思い出がいっぱい~(遠い目)。

ねるさん、こんにちは~。
ドラマね、昨日初めて見てみました!
本当は、小葉さんが「制服のスカート短すぎ。垢抜けすぎ」と仰ってたので
それが見てみたかったのですが(笑)、丁度夏合宿で、制服はナシでした。(^^ゞ
あ、ドラマの夏の制服はドラマオリジナルのものだそうなんですが、
映画の制服は、夏も冬も松山東高の当時のものなんですって。

>不器用にがんばってるっていう感じ
ほんと、そうなのかもしれないですねー。
今、日本で流行りの韓流ドラマも、話に聞く限り赤いシリーズみたいな印象だし(笑)
あんな感じが、今丁度新鮮になっているのかもー。

私も映画はぜひ観てみようと思ってます。
「がんばっていきまっしょい」、素敵な掛け声ですよねえ。
本を読んでて、ほんと羨ましくなっちゃいましたよ!
でも相当凄い進学校だったようで、そちらもびっくり…(@_@)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.