「海の仙人」絲山秋子

Catégories: /

 [amazon]
4年前に宝くじで3億円が当たったものの、特にやりたいことがなく、東京の勤めをやめて敦賀に移り住んだ河野勝男。釣りをしたり、釣った魚を料理したり、洗車したりという毎日を送っていた河野の目の前に現れたのは、白いローブを着た、金髪に灰色の目をした40がらみの男「ファンタジー」でした。その日からファンタジーは河野の家の居候となります。

初めての絲山秋子さんの作品。今読むなら、直木賞候補になった「逃亡くそたわけ」でしょ!と言われそうな気がするのですが(笑)、これも一昨年の芥川賞の候補作品だったそうですねー。それってもしかして、綿矢りささんと金原ひとみさんが受賞した時ですか? いやー、直木賞も芥川賞もちゃんとチェックしてないので良く分からなくて... というか、選ばれた時点で読む気をなくしてることが多いので...(^^;。あ、もちろん面白そうなら拘らずに読みますけどね。ちなみにこれは貸していただいた本です。
で、読んでみて。んんー、何だったんでしょう。自分のことを神だと言うファンタジーのことは、河野も含めて大半の人間がなぜか知っていて、会った瞬間名前が分かるんですよね。この中でファンタジーのことが分からないのは、河野のかつての同期の女性の片桐だけ。でも私には、その片桐だけが、この作品の中でリアルに感じられました。他の人たちは皆砂の色なのに、彼女と彼女にまつわるものだけが鮮やかに色づいていたような印象というか。片桐のアルファロメオは鮮やかな赤なのに、河野のオレンジ色のピックアップも、河野の恋人となるかりんのカーキ色のジープも、全部砂の色の濃淡の中に沈んじゃう。海も空もいっぱいあるのに、目に入ってくるのは片桐だけ。そして作中には結構重いテーマが投げ込まれてたりするんですけど、でもそれも砂色の濃淡に染まって、さらりと流れていってしまったんですよねえ。むむむ。
理屈ではなく、感覚で捉えるべき作品なんでしょうけど... 脇役の片桐にしか色彩を感じなかった私には、結局うまく捉えきれない作品だったのでした。うーむ、何をどう感じていいのかも良く分からない...。(新潮社)

| | commentaire(0) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「海の仙人」絲山秋子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

「海の仙人」絲山秋子(2004)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、文芸 ファンタジーがやって来たのは春の終わりだった。 この作品で登場... » Lire la suite

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.