「語り手の事情」酒見賢一

Catégories: /

 [amazon]
性倫理に厳格で、いかがわしさを連想させるものは机の脚ですら布で包み隠されたというヴィクトリア王朝の英国が舞台。そこには、性に対する様々な妄想を抱いた紳士が招かれる屋敷がありました。その屋敷に住むのは、屋敷の主人と3人のメイド、そして「語り手」。

というあらすじでは全然説明できてないんですが(笑)、いや、すごい話でした... 酒見さんが色んな作品を書いてらっしゃるというのは知識としては知ってたんですけど、でも「後宮小説」「墨攻」「陋巷に在り」「童貞」「周公旦」... と、中国物しか読んだことなかったんです、私。そこにいきなりヴィクトリアンなイギリス。しかも... えええ、もしかしてエロエロですか?! うわーん、びっくり。

でも読んでみると、確かにエロエロ(笑)だし、童貞喪失から性倒錯、性奴隷にSMとすごいラインナップなんですけど(笑)、酒見さんにかかると全然隠微じゃないんですよねえ。むしろ上品な軽快さがあるような... いや、面白かったです。人前ではちょっと読みたくないし、読めないですが。電車で隣り合わせたおじさんに本を覗き込まれた日には、切腹ものですが...! でも酒見さんって、こういうヘンな話を書くのが上手いですねー。本当はまともな中国物の方が好きですけど、でも実は本領発揮って気がします。
しかしこの作品が「文學界」に載っていたとは... 驚き。いや、実は意外と相応しいのか?(笑)
読み始めた時は「表紙のミュシャに騙された!」と思ったんですが、でも読み終わってみると、やっぱりミュシャが良く似合っていたのかもしれません。(って、本当かなあ? 笑)(文春文庫)


+既読の酒見賢一作品の感想+
「陋巷に在り」1・2 酒見賢一
「陋巷に在り」3・4 酒見賢一
「陋巷に在り」5・6 酒見賢一
「陋巷に在り」7・8 酒見賢一
「陋巷に在り」9・10 酒見賢一
「陋巷に在り」11・12 酒見賢一
「陋巷に在り」13 酒見賢一
「語り手の事情」酒見賢一
「聖母の部隊」酒見賢一
「ピュタゴラスの旅」酒見賢一
「泣き虫弱虫諸葛孔明」酒見賢一
「中国雑話 中国的思想」酒見賢一
Livreに「後宮小説」「墨攻」「童貞」「周公旦」の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「語り手の事情」酒見賢一 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

四季さんこんにちは(^^)

私は『後宮小説』しか読んだことがありません。それでも「けっこうエロいな~」とおもっていたのですが、どうも輪を掛けてエロそうですね(笑)

う~む。おそるべし。

ねあ。さん、こんにちは~。
「後宮小説」も結構エロかったですよね。最初の出だしからしてアレですし!(笑)
でもこれはもう、アレとは比べ物にならないほどのエロエロです…
でも結構面白かったですよ。酒見賢一さん、おそるべし、です(^^)。

四季さん、こんばんは~。
エロエロでしたね。笑
実は、わたくし、これ、電車の中で読んじゃったんですよ!
隣の人、覗かないでね~、と思いながら読んでました。笑
やっぱり、一部分だけでも見られたとしたら、怪しい人だと思われちゃいますよね。
これ、一冊だけ読むとあれですが、「後宮小説」とかそういうのがあって、これがあると思えば、
それなりに楽しめたように思います♪

つなさん、こんにちは~。
わあ、電車の中で読まれたんですか。それは緊張しますね。(笑)
もう読み始めてびっくり。表紙のミュシャに騙された!って思いましたよ。
いや、実は全然騙されてないのかもしれないですが…(笑)
うん、色んな引き出しがあってのことですしね。こういうのもアリということで楽しめばいいんでしょうね。

今回はあちらのブログにもTBできたんですね!
うふふ。嬉しいです。(でもいつもと何が違うのか、謎ですね)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.