「破軍の星」北方謙三

Catégories: /

 [amazon]
鎌倉幕府が倒れ、後醍醐天皇による建武の新政が始まって間もない頃。都で不世出の麒麟児と言われた北畠顕家は、わずか16歳の若さで陸奥守に任じられ奥州へと下向。多賀国府に入った顕家は、北条家の残党との戦を繰り返しながらも、山の民である安家一族の協力も得て、わずか2年間で見事に奥州を制定します。しかしその後、後醍醐帝と足利尊氏の争いが表面化して...。

久々の日本史物。もしかし火怨(感想)以来かも。なかなか日本史物の気分にならなかったんですよね。
いやー、久しぶりなのでペースを掴むのにちょっと時間がかかっちゃいましたが、面白かったです。北方さんだから男の人たちがみんなカッコいいんですよ。(笑) わずか16歳で、北畠顕家のこの落ち着きぶりってナニモノ?!なんて思ったりもしたんですが(笑)、でも武家と公家の間で揺れ動く顕家の心情(顕家は公家)がしっかり描かれていたし... 味方はもちろんのこと、敵方の尊氏・直義兄弟、斯波家長といった武将も魅力的で、あと奥州藤原氏の末裔という設定の山の民や、忍びの如月という存在が物語に奥行きを出してました。そして特に良かったのが合戦のシーン。奥州から京都までひた走りに走って尊氏を敗走させてしまうシーンが最高! 最後の戦と、「七ヶ条の諌奏」をしたためるシーンも良かったなあ。
でもね、この南北朝時代って、私のピンポイントな日本史の知識からはすっぽりと落ちている部分なんです... だって「イイクニツクロウ鎌倉幕府」の次は「足利尊氏の室町幕府」、程度の知識しか残ってないんですもん... これで事前の知識があればもっと面白かっただろうにと思うと勿体ない... もっと勉強しないとダメですね。(涙)(集英社文庫)


+既読の北方謙三作品の感想+
「破軍の星」北方謙三
「楊家将」上下 北方謙三
「水滸伝」1~3 北方謙三
「水滸伝」4~6 北方謙三
「水滸伝」7~9 北方謙三
「水滸伝」10~12 北方謙三
「水滸伝」13~15 北方謙三
「水滸伝」16~18 北方謙三
「水滸伝」19 北方謙三
Livreにブラディ・ドールシリーズと「三国志」の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(4)

Trackbacks(4)

「破軍の星」北方謙三 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

破軍の星北方 謙三 » Lire la suite

建武の新政で、後醍醐天皇により16歳の若さで陸奥守に任じられた北畠顕家は奥州に下向、政治機構を整え、住民を掌握し、見事な成果をあげた。 また、足利尊氏の反逆に... » Lire la suite

破軍の星posted with amazlet on 06.11.01北方 謙三 集英社 売り上げランキング: 199,269おすすめ度の平均: 滅びゆく破軍の... » Lire la suite

後醍醐天皇により陸奥守に任じられた北畠顕家はそのとき16歳。朝廷に対する足利尊氏の反逆を迎え撃ち敗走させるが、態勢を整えた足利方の反撃に吉野へ逃れた後醍醐帝の命... » Lire la suite

Commentaires(4)

四季さん こんばんは!!
TBありがとうございました♪
この本は、ちょっと文章がスマートすぎて
この時代を良く知らないものにとっては
少々難しいと思われませんか?
もうすこーし長くても良いから、分かりやすく書いてほしいな
と思わないでもなかったのですが
2度目に読んだときは、そのスマートさが魅力でした(笑)
ほんとに、もうちょっと歴史をちゃんとやっておけばよかったです~。
また「火怨」「破軍」に通じる面白い歴史モノにめぐり合いたいです♪
「炎立つ」の感想も見せていただきました。
こっちは長すぎるんですね~。
東北…一度も行ったことがないので行って見たくなりました♪

shortさん、こんにちは~。
あ、確かにスマートすぎるかもしれないですね。
私はとにかく自分の知識のなさが原因かと思ってたんですが(笑)
でもshortさんが同じように感じてらっしゃったなら、
私だけのせいではなかったのかも。(笑)
そもそも、戦国時代や幕末に比べて、深い知識を持ってる人もそれほど多くないでしょうし…
でも2度目はそのスマートさが魅力だったということになると、難しいところですね。(笑)

「炎立つ」は、1・2巻、3・4巻、5巻の3つに分けて3部作にしちゃっても良かったかも。
特に5巻は時代もちょっと離れてますしね…
大河ドラマのための書き下ろしだったそうなので、他の作品とはちょっと状況が違ったのかも。

高橋克彦さんの陸奥三部作の、「天を衝く」もどうぞ~。
ちょっとできすぎな感じはするけど(笑)、爽快ですよ。

四季さん、おはようございます♪
なぜか、このレビューを見逃していました。^^;
「破軍の星」を読んで、shortさんのところへTBしに行ったら、
なんと四季さんのTBが。こういうのも嬉しくなっちゃいますけどね。
南北朝を描いたほかの作品「武王の門」「波王の秋」も
面白いそうですよ。母談。
期待通り、北方さんいいですね。
ただ、歴史に疎い私でも、先はわかってしまうので、
本の終わりイコール・・・、っていうのがせつないです。
来年こそ「三国志」に挑戦します。

あ、そういうTBの輪って、なんか嬉しいですね(^^)。

「武王の門」「波王の秋」も面白いのですか。メモメモφ(.. )
この本を読んだ時は、私の南北朝に関する知識が少なすぎでちょっと残念だったんですが、
同じ時代の他の話を読むと、点が線で繋がってきて、線が面になって、どんどん楽しくなりますよね。
確かに先が分っているのが切ないところではありますが…
それまでの過程を読ませてくれるのも作家さんの腕次第だし♪

北方さんは、本当は完結した水滸伝をまず読みたいんですが…!
ハードカバーだし、全19巻だし、なかなかふんぎりがつかなくて。(笑)
「楊家将」も読みたいなー。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.