「荒野の庭」丸山健二

Catégories: /

 [amazon]
月の記憶の嫦娥さんのオススメ。「言葉、写真、作庭」が丸山健二氏。実は全然読んだことがなかったんですけど、この方、かなり沢山の作品を書いてらっしゃる作家さんだったんですね。この本は小説とかではなく、お庭の花の写真が中心。文章も載ってるんだけど、詩みたいな雰囲気。
表紙の赤い薔薇も鮮やかな咲きっぷりなんですが、私が反応してしまうのは、やっぱりまず白い花。本当に根っから白い花が好きなのね... しかも正面を向いてない花の方が好みだし。(笑)
こういう本は、疲れてる時にぼーっと眺めてるのにぴったりですね。(しかもタイミングばっちりだし)

でも1ヶ月半ぶりに見たうちの庭は、一応水遣りはしてもらってたんですけど、なんだかボロボロのヨレヨレ。薔薇の葉っぱもすごいことになってるし、伸び放題に伸びていたり、逆に枯れていたり。一体どこから手をつけたらいいのやら... って感じです。外は目眩がしそうな日差しだし、当分見たくない気分... お願いです、誰か何とかして下さい(^^;。


+既読の丸山健二作品の感想+
「荒野の庭」丸山健二
「水の家族」丸山健二

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「荒野の庭」丸山健二 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.