「ペギー・スーi 魔法の瞳をもつ少女」セルジュ・ブリュソロ

Catégories: / /

 [amazon]
世界中でただ1人、お化けの姿が見えるペギー・スー。体を守る強い魔法がかけられているものの、お化けたちはぞっとするほど意地悪。ペギー・スーがやりたくもないことを次々とやらせ、そのせいでペギー・スーは常に「変人」として孤立、学校も次々に退学になってしまう始末。でも、そんなペギー・スーの一家が新たに落ち着くことになった小さな町には、お化けたちはいなかった? 生まれて初めて親友が出来て喜ぶペギー・スー。しかしある朝、空には青い奇妙な太陽が現れます。その光の中で日光浴をしていた親友のソニアは、あっと驚く天才になるのですが...。

作者のセルジュ・ブリュソロは「フランスのスティーブン・キング」とも言われるほどの人気作家で、この作品はそのブリュソロの初めての子供向けファンタジーなのだそうです。ペギー・スーは、「ハリー・ポッターの妹」とも言われてるとか。...と書きつつ、そういう予備知識は全然持たずに読み始めたのですが... さすがスティーブン・キングと称されるだけあって怖い... ひえぇ、ブラック。
ペギー・スーに対するお化けの仕打ちが、ほんと容赦ないんですよね。ここまでする? しかも結構あっさり人が死んじゃうし... てか、こんな死に方って! ...海外の児童書って日本のに比べて容赦がないな、と思うことは多々ありますけど、そういうのとはまた違うような。逆境でも頑張るペギー・スーは、確かに女版ハリー・ポッターかもしれないんですけど...。
でもこれは単行本では既に6冊目まで出てるシリーズ物。この1巻ではほとんど孤立無援なペギー・スーなんですが、1巻の最後に強力な味方になってくれそうな存在が登場するんです。これは2巻目以降の方が、ブラックなな中にも救いができて、いい感じに展開してくれそうです。(角川文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「ペギー・スーi  魔法の瞳をもつ少女」セルジュ・ブリュソロ
「ペギー・スーii  蜃気楼の国へ飛ぶ」セルジュ・ブリュソロ
「ペギー・スーiii 幸福を運ぶ魔法の蝶」セルジュ・ブリュソロ
「ペギー・スーiv 魔法にかけられた動物園」「ペギー・スーv 黒い城の恐ろしい謎」セルジュ・ブリュソロ

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ペギー・スーi 魔法の瞳をもつ少女」セルジュ・ブリュソロ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

こんにちは!
この本文庫化されてるんですね。早っ。
面白いとはおもいますが、本当にムゴいですよね。このお話。平気で人が死んでいくし。
続きがきになってるんですが、一巻を読んでかなりヘコんだので次に行きづらいです。

moji茶さん、こんにちは!
なんとmoji茶さんも読んでらしたんですねー。
そうそう、本当にむごすぎ… 特に最後の方の死に方とか最悪ですしね。
そこまでするかー!! と思いつつ読んでました。
これが児童書なんですものね。びっくりです。
でもネットでちょっと調べてみたら、2巻以降の方が評判いいみたいですよ。
やっぱりあの犬がいい味を出してるみたいです。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.