「死を招く料理店(トラットリア)」ベルンハルト・ヤウマン

Catégories: /

 [amazon]
ローマにやって来た売れないミステリ作家の「わたし」は、ブルネッティという名の市立探偵が活躍する物語を書くために、ある料理店(トラットリア)にかけあって、その店を舞台にする代わりに無料で食事をさせてもらう約束を取り付けます。極上のイタリア料理を堪能しながら、「わたし」の執筆は順調に進むのですが...。

これは本のことどもの聖月さんのオススメ。(聖月さんの感想はコチラ
売れないミステリ作家の「わたし」が小説として書いているブルネッティの物語と、「わたし」が実際にローマで過ごしている物語の2つの流れがあって、その2つの流れが交錯していくという展開。どちらにも同じ名前の人物が登場してちょっぴりヤヤコシイし、そもそも2つの流れの境目が2~3行の改行だけなので分かりづらいのが難点なんですよね。(伊坂幸太郎さんの作品みたいに、間に小さいマークが入ってたらいいのに) でも2つの流れの双方で毒殺事件が起きる辺りからぐんぐんと面白くなります。ブルネッティを主人公にした小説部分には、最初は出来の悪い小説を読んでいるような感じだったのに、それもいつの間にか作品全体にしっくりと馴染んでるし、人は良いけれどかなり抜けているブルネッティに、どちらかといえば抜け目のない「わたし」がだんだん引っ張られてくようなところも面白かったです。
それに料理店が舞台だけあって、美味しそうな料理が満載! いいなあ、美味しいイタリア料理食べたいなあ。(という私はペンネアラビアータが一番好きなんだけど、これは登場しなくて残念(^^;) しかも、家に居ながらにしてローマの市内観光まで出来ちゃいます。(北イタリアには行ったことがあるんだけど、ローマには行ったことないのよね。行ってみたいー。)
ちなみに作中に登場する「わたし」の作品は、本当にベルンハルト・ヤウマン自身の作品だったのでびっくり。それが分かって読んでたら、一層面白かっただろうな。それ以前の4作品が全然日本語に訳されてないようなのが残念です。(扶桑文庫)

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「死を招く料理店(トラットリア)」ベルンハルト・ヤウマン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

 いやいや、まことにもって素敵な本が翻訳されたものである。最初に言っておこう。ミステリーファンは本書『死を招く料理店』を読むべし、読むべし、べし、べし、べし。楽... » Lire la suite

Commentaires(2)

珍しく、四季っぺが聖月様お薦めの本を早めに手にとった一冊。

そうそう、あまり強くは薦めなかったけど、面白い新潮クレストブックはないかなの質問に、その叢書じゃないけどの一冊だったかな。

聖月様はいい本読んでいますねえ。
何か面白い海外本はないかししら?と思ったら、やはり聖月様の◎◎本ですねえ、の一冊?

いやあ、文体の流れが途中で変わってグイグイ読ませるのが良かったっぺ、ねえ四季っぺ♪

わ、すみません~。
手元に読みたい本が多すぎて、なかなかお薦めの本まで到達しないのです。
でもこの本はすごくタイミング良くみつけちゃったので、最短記録で読みました。(笑)
そういう出会いっていうのもありますねー。

うんうん、途中からはグイグイ。これで最初のとっつきが良ければもっと売れるのにって感じですね。

まだまだ海外物気分は続いていて、クレストブックスも読みたいんですが
図書館に予約中の大量の国内物が届いちゃいました。
世の中、なかなか上手くいきません。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.