「自転車少年記」竹内真

Catégories: /

 [amazon]
生まれて初めて自転車に乗った4歳の時に、坂道を勢い良く降りて坂の下の家の庭に突っ込んだ昇平。その家にいたのは、昇平と同じ年の草太と、1つ年上の女の子・奏(かなで)。その時から友達となった昇平と草太の25年の物語。

大好きな竹内真さんの作品。ずーっと読みたかったんですが、ようやく読めました! 12回目のたらいまわしの「爽やかな春に読みたい青春小説」の時も、宙の本棚の小葉さんと(コチラ空猫の読書の空猫さんが挙げてらして(コチラ)、その時も読みたくてたまらなかったんですよね。実際読んでみると、ほんとそのお題にぴったりの、何とも爽やかな青春小説でした♪
小学校1年生の時の秘密の特訓に始まり、自転車で海を目指したり、友達が出来たり、自転車部を作ったりと、25年間の物語の主軸は自転車。かなり競技的な、専門的な方向まで突っ込んでます。でもそれが取っ付きにくくなったりしてなくて、すごく自然なんです。自転車が好きで好きで堪らないというのがすごく伝わってきます。きっと竹内さんご自身がお好きなんでしょうねー。しかもその自転車が登場人物たち自身の人生にも重なっていて... 途中で道が分かれることもあり、上り坂になったり下り坂になったりすることもあり、時には立ち止まることもあるんですけど、でもみんな自転車を通して繋がっています。見てるとすごく応援したくなっちゃう。こういう作品を読めると、ほんと幸せ! やっぱり竹内真さんの作品は大好きです~。(でもって、あの犬を連れた老人は... ですよね!?) (新潮社)


+既読の竹内真作品の感想+
「図書館の水脈」竹内真
「真夏の島の夢」竹内真
「じーさん武勇伝」竹内真
「自転車少年記」竹内真
「笑うカドには お笑い巡礼マルコポーロ」竹内真
「オアシス」竹内真
「ワンダー・ドッグ」竹内真
「ビールボーイズ」竹内真
「シチュエーションパズルの攻防」竹内真
Livreに「粗忽拳銃」「カレーライフ」「風に桜の舞う道で」の感想があります)

| | commentaire(6) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「自転車少年記」竹内真 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

自転車少年記 竹内 真 《bk1へ》 誰しも子供のときに自転車に乗れた時の感動ってひとしおである。 大人になってみて、それは親子の一大イベントと... » Lire la suite

Commentaires(6)

こんにちは。
いやあこの作品よかったですね。四季さんのレビューを見て、ずっと読もうと思ってたんですけど、ようやく読むことができました。

ちょっと川上健一とかぶる部分もあるような気はしますが、自転車というファクターがこの作品固有の雰囲気をうまく出していますね。

TBさせていただきました。

おおきさん、こんにちは。
わあ、うちの感想がきっかけで読まれたなんて嬉しいです。
しかも楽しまれたようで!(嬉)
これは本当にいい作品ですよね。竹内真さんは元々大好きですが、これはピカイチだと思います。
あ、川上健一さんは、私は「雨鱒の川」しか知らないのでよく分からないのですが…
こんな雰囲気の作品も書かれているのでしょうか。気になります。

こちらからもTBさせていただきますね(^^)。

気になったレビューとか、読みたい本のレビューをはてなブックマークで保存しておいて、読書計画を立ててるんですけど、四季さんのこのレビューは前からブックマークしておいたんです。読むまでにけっこうかかってしまいました……。

自分のところのコメントでも触れましたけど、『翼はいつまでも』はぜひオススメします。成長小説、青春小説が好きであれば、絶対読むべき作品です、と力説しておきます(笑)

あ、私も読みたと思ってから実際に読むまで、かなり時間がかかります…
文庫で出てる場合、買ってしまうことも多いんですけど、実際に入手してしまうと積んでしまって
図書館で借りた本が先になったり… まるで計画性がありません(^^;。

「翼はいつまでも」、ぜひ読んでみますね。ありがとうございます。
…「雨鱒の川」は、確かに成長しないのがポイントですね。(笑)

四季さん、こんばんは♪
本当にご無沙汰しております。
こちらのブログは現在更新出来ないのですね。

さて、私もこの作品大好きです。
読書の素晴らしさを再認識させてくれますよね。
いつまでもこんな気持ちでずっと行き続けたいですね。

ご投票いただいております、第4回新刊グランプリの加点投票&クイズのご参加実は今日までなんです。
ご連絡遅くなりましてご迷惑をお掛けしました。
万一間に合うようでしたらよろしくお願いします。

トラキチさん、こんにちは!
こちらこそご無沙汰してしまって申し訳ありません。
なんだかバタバタしてしまって、結局投票もできなくて…
メールまで下さってたのに、ごめんなさいです。
あ、でもブログはようやく復旧したんですよー。ほっとしました。

「自転車少年記」、本当に素敵な作品ですよね。
竹内真さんらしさがいっぱい詰まっていて大好きです。
TBありがとうございます。またこちらからもさせて頂きますね。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.