「さまよう刃」東野圭吾

Catégories: /

 [amazon]
1人娘を殺された長峰。娘が2人の少年にレイプされているビデオを見た時、彼は...。

久々の東野圭吾作品。分厚い2段組だし、相当重いテーマのようだったので、もしかしたらこれは相当ツラいかも... と思ったんですが、読み始めたら一気でした。いや、でも、もう何を書いたらよいのやら... 自分の子供、特に女の子を持つ親ならば、長峰に同情せずにはいられないでしょうね。こんなひどいことをしても、3年もすれば仮出所できるなんて! 「少年法は子供を裁くためのものではなく、間違った道に進んでしまった子供たちを助けて、正しい道に導くために存在する」なんていう言葉が、ほんと白々しく感じられちゃうほどのどうしようもない少年たち。長峰は、司法に任せておいても犯罪者に制裁など加えてくれないだろうと、自分で犯人を1人殺し、もう1人を追いかけることになるんですが、警察はそんな長峰に同情しながらも、長峰の次の犯罪を未然に防ぎ、しかも長峰を逮捕しなければならないわけで... 正義って一体ナニ? 
でも果てしなく広がってしまいそうな、少年法に対する問題提起を、これだけの作品にまとめた東野さんはやっぱりすごいです。(ここでは切り落としてる部分まで含めたら、ほんと何冊も書けそう) はああー、ずっしり。(朝日新聞社)


+既読の東野圭吾作品の感想+
「ちゃれんじ?」東野圭吾
「さまよう刃」東野圭吾
「黒笑小説」東野圭吾
「容疑者Xの献身」東野圭吾
「さいえんす?」東野圭吾
「夢はトリノをかけめぐる」東野圭吾
「赤い指」東野圭吾
「たぶん最後の御挨拶」東野圭吾
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(8)

Trackbacks(8)

「さまよう刃」東野圭吾 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

 評者は小学4年生と1年生の二人の娘の父親であることをネット上も書評内で都度明らかにしているので、本書を読んで“娘を持つ父親として、どう考えますか?”という質問... » Lire la suite

  ○ 『天空の蜂』 ◎◎ 『名探偵の掟』   △ 『秘密』 既読書評なしm(__)m ◎◎ 『白夜行』   ○ 『嘘をもうひとつだけ』 既読書評なしm... » Lire la suite

先日、直木賞を受賞された東野圭吾先生の小説です。昨日、「容疑者Xの献身」、今日、「さまよう刃」を読みました。その感想を書きます。容疑者Xの献身「天才数学者であり... » Lire la suite

この本は「被害者の家族に宿る殺意」。 以前紹介した「天使のナイフ 」にも通じる、少年犯罪をテーマとした作品です。 さまよう刃 ... » Lire la suite

 東野圭吾『さまよう刃』の感想をこちらに。 いやー。 すっかりブルーになっちゃいますな…。 男の子と女の子とどっちの親でもあるので余計に... » Lire la suite

一気読みでしたが… » Lire la suite

著:東野圭吾 文庫:角川文庫 ?あらすじ? 長峰の一人娘・絵摩の死体が荒川から発見された。花火大会の帰りに、未成年の少年グループによって蹂躪された... » Lire la suite

小説「さまよう刃」を読みました。 著書は 東野 圭吾 娘を犯され 殺された父親 密告により犯人を知り 復讐をしようとする 警察もそれを追うのだが・・・ さ... » Lire la suite

Commentaires(2)

はい(^^)/女の子のパパです。
もう5年生。
この主人公の娘の歳になるのは、そう遠くない未来。
そういう意味で色々考えたので、書評内には書きましたよ。

でも、そういうことはともかく、いい小説だと思いますよ。物語が紡ぎだされる、そんな結果の小説だと思います。

小学校5年生ですかー。あと5年もすれば、ですね。
聖月さんのお嬢さんは、ほんと可愛いからなあ。
こういうことに限らず、パパは心配が絶えなさそうですね。

あ、私もすごくいい小説だと思いました。
もちろん、ものすごーく重い部分は含まれてるし、つらいんですけど
それ以上に、サスペンス小説として読ませてくれますものね。
さすが東野さんと思った次第です。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.