「黒笑小説」東野圭吾

Catégories: /

 [amazon]
「怪笑小説」や「毒笑小説」に次ぐ、ブラックユーモア短編集。13編が収められています。
この中で目を引くのは、やっぱり4編の文壇物でしょうね。表紙の写真にも東野さんご自身が登場してるし、某文学賞に5度目のノミネートという作家・寒川は、どう考えても東野さんご自身がモデル。とは言っても、別に自虐的なギャグじゃなくて、周囲の「きっと東野は悔しがっているだろうな」という期待に応えてみたんだと私は思ってるんですが... どうなんでしょう。(笑) 作中に登場する唐傘ザンゲ氏の「虚無僧探偵ゾフィー」が読んでみたいな。勝手な想像としては、舞○王○郎作品がモデルなのかな、なんて思ってるんですが...?(笑)
そういう文壇物は独立させて1冊にして欲しかったような気はするんですけど、下ネタ物その他がミックスされて、「黒笑」が程よく緩和されているのかも。私が特に楽しんだのは「インポグラ」と「モテモテ・スプレー」なんですが、「シンデレラ白夜行」も面白かったな。突然の童話調に驚いたんですけど、このシンデレラこそが彼女なのですね~。(集英社)


これで東野作品は再びコンプリートのはずだったんですが、一昨日「容疑者Xの献身」が出ちゃいました。いやーん、なかなか追いつかない... じゃなくて、好きな作家さんの新作が次々に読めるなんて幸せ! 今度は早めに読めるよう頑張ろうっと。


+既読の東野圭吾作品の感想+
「ちゃれんじ?」東野圭吾
「さまよう刃」東野圭吾
「黒笑小説」東野圭吾
「容疑者Xの献身」東野圭吾
「さいえんす?」東野圭吾
「夢はトリノをかけめぐる」東野圭吾
「赤い指」東野圭吾
「たぶん最後の御挨拶」東野圭吾
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(6)

Trackbacks(6)

「黒笑小説」東野圭吾 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

 肩の力を抜いて書かれた短編集である。黒笑とあることからブラックユーモアと言ってしまえばそれまでだが、どちらかというと少し苦笑いしてしまうような小説群である。黒... » Lire la suite

  ○ 『天空の蜂』 ◎◎ 『名探偵の掟』   △ 『秘密』 既読書評なしm(__)m ◎◎ 『白夜行』   ○ 『嘘をもうひとつだけ』 既読書評なしm... » Lire la suite

東野圭吾 / 黒笑小説 BookOffで単行本セールをやっていたので購入。普段ハードカバーを買う習慣はないので文庫化されていない作品を、と思ったが読み... » Lire la suite

 「黒笑小説」東野圭吾著、読んでみました。  「東野圭吾」17作目です。 読み始めてすぐ「筒井康隆」を読んでいる錯覚に陥りました。ある程度、... » Lire la suite

著:東野圭吾 文庫:講談社文庫 ?あらすじ? 作家の寒川は、文学賞の選考結果を編集者と待っていた。「賞をもらうために小説を書いているわけじ... » Lire la suite

「東野圭吾」の短篇集『黒笑小説』を読みました。 [黒笑小説] 『怪笑小説』、『毒笑小説』に続く、「東野圭吾」によるちょっと毒のある短篇集です。 -----s... » Lire la suite

Commentaires(2)

カバーにはその本まで写真に載っていますよね。
うんうん読みたい(^.^)

芸が細かいですよね~。
分かる人には分かる大傑作、読んでみたいです!

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.