「地球はプレイン・ヨーグルト」梶尾真治

Catégories: /

 [amazon]
「フランケンシュタインの方程式」「美亜へ贈る真珠」「清太郎出初式」「時空連続下半身」「詩帆が去る夏」「さびしい奇術師」「地球はプレイン・ヨーグルト」の7編が収められた短編集。14回目のたらいまわし「時の文学!」の時に、どこまで行ったらお茶の時間の七生子さんが「美亜へ贈る真珠」を挙げてらして(コチラ)、読みたいなーと思ってたんですが、今回の「美味しそうな食べ物が出てくる本は?」では、AZ::Blog はんなりと、あずき色のウェブログのoverQさんが「地球はプレインヨーグルト」を挙げてらして(コチラ)、ますます読みたくなっちゃったんですよね。で、図書館に行ってみると、どちらも入っているこの本が! 早速借りてきちゃいました。

私が梶尾真治さんの名前を知ったのは、多分「黄泉がえり」の映画化の時だと思うんですが(つまりかなり最近)、随分前から書いてらっしゃる方だったんですね。この本も1979年発行だし。しかもホラーの人なのかと勝手に思い込んでたら、ものすごいSF。(笑)
いやー、面白かったです。ドタバタな「フランケンシュタインの方程式」「地球はプレイン・ヨーグルト」も面白いし、リリカルな「美亜へ贈る真珠」「詩帆が去る夏」も素敵。短いけど、「さびしい奇術師」みたいな作品も好き。いや、でも、「地球はプレイン・ヨーグルト」にはほんとびっくりです。overQさんのエントリで、味覚で会話する宇宙人とのコンタクトの話とは聞いていたんですが... overQさんが書かれてエントリを直接読まれた方が遥かに伝わってくると思うので細かいことは省略しますが... 読む前からすごく期待がふくらんでてどうしようと思ったんですけど、実際読んでみたら期待以上! わはははは。
「美亜へ贈る真珠」は、梶尾真治さんのデビュー作とのこと。航時機というタイムカプセルのような機械に入ってしまった恋人を見に来る美亜。でもその機械の中の時間は機外の85000分の1で進むので、美亜の1日は恋人にとっては1秒ほど。あっという間に美亜は恋人よりも年を重ねてしまうんですよね。うにゃーん、なんて切ないラブストーリーなんでしょう...。すごく静かな雰囲気が素敵だし、しかもラストシーンの美しいことったら。  
他の作品もそれぞれに楽しくてバラエティに富んでいて、いや、ほんと発想が凄いです。

私の読んだこの本は既に絶版となっているようですが、それぞれの作品は右の3冊で読むことができます。「美亜へ贈る真珠 梶尾真治短篇傑作選 ロマンチック篇」で読めるのは、「美亜へ贈る真珠」「詩帆が去る夏」、「もう一人のチャーリイ・ゴードン 梶尾真治短篇傑作選 ノスタルジー篇」で読めるのは「清太郎出初式」、「フランケンシュタインの方程式 梶尾真治短篇傑作選 ドタバタ篇」で読めるのは「フランケンシュタインの方程式」「地球はプレイン・ヨーグルト」。(ハヤカワ文庫JA)

| | commentaire(6) | trackback(2)

Trackbacks(2)

「地球はプレイン・ヨーグルト」梶尾真治 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

たらいまわし、第16回は、妖精と黒薔薇の書架のつばきさん主催。お題は、「自分が食べてみたいor美味しそう!と思った食べ物が出てくる本は?」 つばきさん、元気にな... » Lire la suite

  梶尾真治の短編はかなり好評である。ただ彼の書く短編には、二通りの風味がある。一つは筒井康隆流のドタバタ味、いま一つは叙情詩のようなリリカル味だ。僕の好みは、... » Lire la suite

Commentaires(6)

こんばんは!

古いほうの短篇集で読まれたんですね!
この短篇集、いいですよねえ。

梶尾真治さんは、この頃、熊本でサラリーマンをしておられたそうです。
その後も、コンスタントに著作は続いてたんですが、「黄泉がえり」映画化でブレイク。
最近、職業作家に「転職」されたようですが、
ついこの間まで、石油関係の会社の社長さんをやってたみたいです。
すごいエネルギーです!

ネット上で、エッセイとショート・ストーリーを発表されてるのを、発見しました☆

http://www.hakutake.co.jp/kajishin/index.html

本当は、今出てる短編集を読むつもりだったんですが
こちらの本は、ドタバタもロマンティックもいっしょくたでいいですね。
ものすごくお得感がありました~。(笑)
解説が星新一さんというのもポイント高し!
なんだかとってもパワフルな短編集で、楽しかったです。

で、でも、サラリーマンをしながら二足のわらじというのは、まだ分かりますが、
ついこの間まで、石油関係の会社の社長さん?! …すごい。(笑)
「黄泉がえり」でブレイクしてたし、すっかり職業作家さんだとばかり…。
いやいや、頭が下がります。てか、羨ましーい。

酒屋さんのサイトで書いてらっしゃるというのが、なんか可笑しい☆
2つほど読んでみたらいい感じ。またじっくり読んでみますね。ありがとうございます(^^)。

カジシンフリークのSARUと申します。
トラックバックつけさせていただきました。
私の持っている「地球はプレインヨーグルト」は、こちらでアップされている装丁のものとは違うバージョン(角田純男さん)です。画像は横山えいじさんの絵とお見受けしますが・・・

SARUさん、はじめまして! TB、ありがとうございます。
「地球はプレインヨーグルト」、色んなバージョンがあるんですねー。
私が読んだのは、この画像の通りの表紙の本だったんですが、
あいにく図書館で借りたので、どなたの絵なのかはさっぱり…(^^ゞ
あ、でも横山えいじさんで検索したら、ちゃんとこの絵が出てきました。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/anny/planet1.htm
NOVELSの1989年のところです。

SARUです。コメント、トラバ返し、ありがとうございます。SF系がお好みであれば日本SF大賞を受賞している「サラマンダー殲滅」がおすすめです。驚くと思います。それから、ウチの亭主がカジシンの「清太郎出初式」に関連した記事を書いてましたので、あらためてトラックバックさせていただきました。大した記事じゃありませんが・・・・(^^;)。

SARUさん、再びありがとうございます。
本当は私、SFはあんまり得意分野じゃないはずなのに、
梶尾真治さんの場合は、SFの方が好みだったので不思議なんですよー。
「美亜へ贈る真珠」みたいなロマンティックな作品ももちろん良かったんですけどね。
「サラマンダー殲滅」がオススメなんですね。メモメモφ(.. )
どうやら現在入手不能状態で、しかも市内の図書館にも蔵書がないみたいなので
古本屋などで探してみることにしますね。ありがとうございます(^^)。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.