「翔佯の花嫁 片月放浪」森崎朝香

Catégories: /

 [amazon]
10歳の時に母を失った瓔国公主・香月は、16歳の時に閃王・巴翔鳳に嫁ぐことになります。しかしそれは香月にとって、母の命を奪った巴翔鳳を暗殺するためだったのです...。

「雄飛の花嫁」(感想)で登場した新興国・閃もこの物語の頃には建国50周年。初代閃王・巴飛鷹も代替わりして今は2代目の巴翔凰の治世。2代目とは言っても、息子ではなく孫なんですが。
あらすじを読んだ時は、てっきり「雄飛の花嫁」と同様に、敵同士の2人が徐々に惹かれあうパターンかと思ったんですが、また違う展開でした。痛くて切ない系のお話。でも意外性を突こうとしてるのはいいんですけど、これは奇をてらいすぎたという気も... これなら、ありきたりでも王道の物語を気持ち良く読ませてもらった方が良かったような...(しかも特に驚かなかったし) 覇気のない王がかっこよく見えたのは最後の一瞬だけ。ヒロインには、最後まで感情移入できず... うーん。しかも彼の出奔の話はどうなったんでしょ。その辺りもきっちりと説明して欲しかったなあ。それがまた別の物語になるのなら、いいんですけど。
なんだか3作で徐々にパワーダウンしていってるような気も... 雰囲気作りはすごくいいのに勿体ないわー。(講談社X文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「雄飛の花嫁」「天の階」森崎朝香
「翔佯の花嫁 片月放浪」森崎朝香
「鳳挙の花嫁」森崎朝香

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「翔佯の花嫁 片月放浪」森崎朝香 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.