「砕かれた街」上下 ローレンス・ブロック

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
2001年9月11日に起きた同時多発テロの後のニューヨークを描いたノン・シリーズ作品。とは言っても、それはあくまでも背景であって、そのこと自体にはそれほど触れてませんが...。
主人公は特にいなくて、敢えていえばテロを体験したニューヨーカー全員、もしくはニューヨークという街自体、でしょうか。書いてるのがブロックなので、どの人物もそれぞれに存在感たっぷり。ニューヨークという街もリアル。でもねー、長いんですよ。いつかは全作品を読みたいと思ってるほど好きなブロックだけど、これはどうなんだろう...? この半分の量でぴりっと引き締めて欲しかったー。読んでいて、ちょっとつらかったです。本筋とは直接関係ないエピソードも多かったですしね。しかも性的倒錯場面の多いこと。確かに訳者あとがきで田口俊樹さんが書いてらっしゃるように、9.11テロが「死」だとしたら、ここに描かれている性は「生の謳歌」だというのは納得がいくんですが...。きっと自分が生きている証のようなものを求めて、ひたすらそちらに突き進んでしまってるんでしょうけれど。
途中私立探偵が登場して、その男が警察に20年勤めた後に私立探偵となった飲んだくれ、とあったので「もしや...?」期待したんですが、マット・スカダーではなかったようでちょっと残念。まあ、ローレンス・ブロックはそういうことをするタイプじゃないですね(^^;。(二見文庫)


+既読のローレンス・ブロック作品の感想+
「死者の長い列」ローレンス・ブロック
「殺しのリスト」ローレンス・ブロック
「処刑宣告」ローレンス・ブロック
「砕かれた街」上下 ローレンス・ブロック
Livreにマット・スカダーシリーズ、「泥棒は野球カードを集める」「殺し屋」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「砕かれた街」上下 ローレンス・ブロック へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.