「ワーキングガール・ウォーズ」柴田よしき

Catégories: /

 [amazon]
現在37歳独身、大手総合音楽企業企画室の係長・墨田翔子が主人公。恋人もなく、部下の人望もなく、1人でランチはお手の物。しかし仕事一筋の生活にふと疲れを感じた時、彼女は思い立って有給をとりオーストラリアのケアンズへ...。

ということで、働く女性たちのお話。社会に出て働く以上、仕事面でも人間関係面でもストレスとは無縁ではいられないし、仕事が出来れば出来たで同僚に妬まれたり中傷されたり、出来なかったら出来なかったで上司に叱責されるし、しかも時にはセクハラの危険もあるし、男尊女卑のオヤジどもとも戦わなくちゃいけなかったりして、そりゃもう大変。(もちろんそんなマイナス面ばかりではないけれど)
そんな中で頑張ってる女性たちの描写がすごく素敵です。特に主人公の墨田翔子、こんな女性だったら上司にしたいなあって思っちゃう。人に対する好き嫌いは当然あるけど、それとは別にいい仕事をする人間は認めているし、ミスは容赦なく指摘する。相談事をした時は意外と親身になってきちんと考えてくれ、それだけでなく行動に移す。
1人ぼっちの自分の姿に、時には自嘲気味になる彼女なんですが、きっと自分で思ってるほど嫌われてるわけじゃないんでしょうね。そりゃあこれだけ仕事ができる女性が上司だったら、意識もするし、とっつきにくく感じても不思議じゃないです。まあ、あんな風に人前で計算ミスの指摘をされたくはないですが...(^^;。 相談事をした女性たちも、その懐の意外な深さに驚かされたはず。そこらの男どもより、ずっと男前。最後の対決もかっこよかったな。(新潮社)


+既読の柴田よしき作品の感想+
「ワーキングガール・ウォーズ」柴田よしき
「シーセッド・ヒーセッド」柴田よしき
「窓際の死神(アンクー)」柴田よしき
「夜夢」柴田よしき
「激流」柴田よしき
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「ワーキングガール・ウォーズ」柴田よしき へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

◎◎ 『少女達がいた街』   ◎ 『フォー・ディア・ライフ』 花咲慎一郎シリーズ ◎◎ 『象牙色の眠り』   ◎ 『フォー・ユア・プレジャー』 花咲慎一郎... » Lire la suite

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.