「天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男・九戸政実」1~3 高橋克彦

Catégories: /

   [amazon] [amazon] [amazon]
高橋克彦さんの陸奥三部作の3作目。ちなみに三部作の1作目は、奈良時代に朝廷に反旗を翻した蝦夷の英雄・アテルイを描いた「火怨」(感想)、2作目は奥州藤原氏を描いた「炎立つ」で、こちらは手元にはあるんですが未読。大河ドラマにもなりましたよね。あと北方謙三さんの南北朝の動乱期の陸奥を制した北畠顕家「破軍の星」(感想)も、陸奥が舞台でした。時代はそれぞれ異なるものの、陸奥の歴史がだんだん繋がってきて楽しい! やっぱり歴史物は読めば読むほど、繋がってきて楽しくなりますね。同じ時代のものを様々な角度から読むというのも大好きなんだけど、こうやって陸奥に拘ってみるのも楽しいなあ。

ということで、これは戦国時代の陸奥が舞台。戦国時代は昔から結構好きで読んでるので、今回はすんなりと入れました。(「破軍の星」はちょっと苦労したので...) 今回の主人公は九戸政実。名前は全然聞いたことがなかったんですが、南部一族で「北の鬼」と恐れられていた男なんだそうです。この人がかっこいいんですよー。武人としても一流でありながら、策士としても凄くって、敵の行動の裏の裏まで読んで大胆な策を打ち出していくんです。時には水面下でこっそり他の人間にその策を授けていたりして... まるでスーパーマンのような活躍ぶり。(笑) でもって、それがぴたりぴたりとハマっていくところが、読んでいて本当に痛快なんです。
物語前半は、南部一族の棟梁の座を巡っての内紛、後半は副題通り、「天」である秀吉に喧嘩をふっかけることになります。わずか5千の兵で立つという潔さもいいし、その少ない兵で10万の兵を自在に追い散らしてしまうとこもカッコいい。途中で政実が秀吉のことを、武者というよりもむしろ商人だと言うところがあったんですけど、本当にそうかもしれないですね。秀吉の戦巧者ぶりは有名だけど、わずか5千の兵に10万という力技を繰り出してくる辺り、札束で頬を叩いているようなものですものね。

ただ、棟梁争いをする三戸信直がもう少し大きく成長してくれたら良かったんですけど、その辺りだけはちょっぴり残念でした。最初は政実や弟の実親が信直の頭の良さを警戒してたし、かなりの曲者と言ってたはずなのに、気がついたら北信愛べったり。自分で考えることもしなくなっちゃう。途中、1人立ちしかけて、大きく成長したと言われてるのに、それも結局それっきり。私としては信愛失脚で、政実と信直との本気の対決を希望してたんですが。(^^ゞ

今度は「炎立つ」を読まなくちゃー。でも全5巻と長いので、ちょっと気合を入れ直してから取り掛かる予定です。(講談社文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「火怨 北の燿星アテルイ」上下 高橋克彦
「天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男・九戸政実」1~3 高橋克彦
「炎立つ」1~5 高橋克彦
「風の陣」1~3 高橋克彦

+既読の高橋克彦作品の感想+
「白妖鬼」高橋克彦
「闇から招く声」高橋克彦
「鬼」高橋克彦
「空中鬼」高橋克彦
Livreに、これ以前の作品の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男・九戸政実」1~3 高橋克彦 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

 『炎立つ』…懐かしいー!^^
 炎~に限らず、大河ドラマは父の実家が撮影場所の「江刺藤原の里」の近所でして、
夏休みに帰省すると武将の方々がよく合戦してます(笑)。関が原とか、結構壮観ですよ。
 炎~の頃はかなり子供だった気がしますが、岩手南部という自分のルーツの場所が
舞台でしたので、わりと記憶に残っています。
 いつか原作も読みたいな^^

「炎立つ」、テレビでやってたの10年ぐらい前でしたっけ。
懐かしいですよねえ。という私は観てなかったんですが。(^^ゞ
あのドラマの原作が高橋克彦さんだと知ったのも、結構最近なんです。

>夏休みに帰省すると武将の方々がよく合戦してます(笑)。
うわー、なんだか楽しそうですね。(笑)
こちらでは、あんまりそういうのがないかな…
京都の嵐山の渡月橋の辺りで、時々ロケをしてるのを見かけるけど…。

陸奥三部作、なかなか面白いですよ。特に「火怨」がオススメです(^^)。

天を衝く
私も一気に読んでしまいました。
地元民のため人物のみならず、地理的な背景
時代背景ともによくわかり、非常に面白かったです。
 ぜひこの本を多くの人に読んでもらいたいと思います。

mabさん、はじめまして!
ほんと勢いにのって読めちゃいますよね。
気持ちよく読ませてもらった、という感じでした。
陸奥三部作(+「破軍の星」)を読んで、
自分の中で徐々に歴史が繋がってきて嬉しいです。
点がだんだん繋がって線になっていくのが
歴史物の醍醐味ですね♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.