「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」石井好子

Catégories: /

 [amazon] [amazon]
シャンソン歌手の石井好子さんが、昭和38年に出されたという料理エッセイ「巴里の下オムレツのにおいは流れる」と、去年出たそのレシピ版。画像はレシピ版の方なんですけど、この表紙を見てるだけでもそそられませんか~?(でもちょっと色が暗いですね... 本物の方がずっと素敵です) エッセイ本の方は、Amazonでもbk-1でも画像がなくて残念。こちらもとっても可愛いのです。
白系ロシア人のマダムのアパートに住んでた頃に食べたというオムレツや、アメリカで食べたスパニッシュ・オムレツ、ロシアふうの卵「エフ・ア・ラ・リュス」、パリのヴェベールという店で食べた「ヴェベールの卵」、女優トルーデ・フォン・モロの家で食べた半熟卵と油で揚げた食パンのミミ... 卵料理だけをとっても次から次へと登場。どれもそれほど凝ったものじゃなくて、むしろ日常生活の中で簡単に作れるような気軽なお料理がほとんどなのに、そこにほんの一手間かけるだけで、おもてなし料理としても通用するようになるんですね。私の場合、いつもなら直接写真を見るよりも、美味しそうな文章を読んでいる方が想像がどんどん膨らんで好きなんですが、でも今回2冊合わせて見るのもすごく楽しかったです。レシピ版の写真に写ってるお料理の小物なんかもすごく素敵だし。そしてお料理と共に語られる、石井さんのパリにいた頃の思い出話も楽しいんですよー。60年代の巴里の街角の雰囲気が感じられます。「巴里の屋根の下」の歌が聞こえてきそう。(あれは1930年の映画ですが)
今度スタッフ・ド・トマトとレタススープを作ってみようかな♪

これは、先日のたらいまわし企画第16回「美味しそうな食べ物が出てくる本は?」で、Cross-Roadの瑛里さんが出してらした本。(瑛里さんのその時の記事はコチラ) いやー、ほんと美味しそうな本でした!(暮らしの手帖社・扶桑社)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」石井好子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

こんばんは!
私もこの前、図書館でこの本借りましたよ!
「アメリカ風フルーツサラダ」というのを試してみましたが、「?」でした。でも、他のはみんなおいしそうでした♪
エッセイ本の方は読んだことないんですが、この本って、巴里に住む女の子のキッチンってイメージで、雰囲気がかわいいなと思いました♪

マーヤーさん、こんにちは。
わあ、早速作ってらしたんですね。しかもアメリカ風フルーツサラダ!
いやー、実は私もこれにはちょっと興味を持ってたんですが、
なんていうか、「わあー美味しそう」というより、「えっ、どんな味?」的興味で…(^^ゞ

エッセイを読んでると、石井さんの好みって結構濃厚かな?と思うんですが
でもレシピ自体はそんなこともなくて、美味しそうですよね。
私も何か作ってみたいです♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.