「幽霊が多すぎる」ポール・ギャリコ

Catégories: /

 [amazon]
イギリスの由緒正しい貴族の館・パラダイン館は、現在は一部がカントリークラブとして解放されていました。しかしこのパラダイン家には代々伝わる呪いがあったのです。突如として、居もしない尼僧が館の中をうろつき、外から鍵がかけられた人気のない音楽室ではハープが曲を奏で、さらにはポルターガイスト現象が... そしてロンドンで心霊探偵をしているアレグザンダー・ヒーローが呼ばれることに。

ポール・ギャリコ唯一の長編本格ミステリという作品。意外としっかりとした本格ミステリなので驚きました。とは言っても殺人など物騒なことは起きなくて、もっぱら心霊現象の解明なんですが。(笑)
館に住んでる人間は6人、そして泊り客は12人。とにかく登場人物が多くて、最初は混乱しちゃいました。この辺りがもうちょっと分かりやすいと良かったんですが... でも分ってみれば、皆それぞれに個性的。そして探偵役のアレグザンダー・ヒーローが、本当は心霊現象を見てみたいと思ってるのに、心ならずも科学的に解明することになっちゃうっていうのがいいんですよね。心霊現象には冴えてる彼も、思わぬところに弱点があったり。(笑) このアレグザンダーと義理の妹のメグがいいコンビなんですよ。シリーズ物にならなかったのが、とっても残念。
そしてこの彼がロンドンの家で使ってる家政婦さんが、ハリスおばさん! ハリスおばさんのシリーズは最近復刊したばかりで、ぜひ読んでみたいと思ってたのです。なんか嬉しい♪ ギャリコは、コンプリート目指します!(創元推理文庫)


+既読のポール・ギャリコ作品の感想+
「トマシーナ」ポール・ギャリコ
「セシルの魔法の友だち」ポール・ギャリコ
「マチルダ ボクシング・カンガルーの冒険」ポール・ギャリコ
「われらが英雄スクラッフィ」ポール・ギャリコ
「幽霊が多すぎる」ポール・ギャリコ
「猫語の教科書」ポール・ギャリコ
「ハリスおばさんパリへ行く」「ハリスおばさんニューヨークへ行く」他2冊 ポール・ギャリコ
「七つの人形の恋物語」「スノーグース」ポール・ギャリコ
「トンデモネズミ大活躍」「ほんものの魔法使」ポール・ギャリコ
「ポセイドン」上下 ポール・ギャリコ
「ザ・ロンリー」ポール・ギャリコ
「「きよしこの夜」が生まれた日」ポール・ギャリコ
Livreに「ジェニィ」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「幽霊が多すぎる」ポール・ギャリコ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.