「クドリャフカの順番 『十文字』事件」米澤穂信

Catégories: /

 [amazon]
「氷菓」「愚者のエンドロール」に続く、古典部シリーズ3作目。とうとう文化祭が始まり、古典部も文集「氷菓」を販売することに。しかし30部の予定だった発行部数は、何かの手違いで200部に...?!

今回は古典部の4人のメンバーの視点から順番に描かれていて、それぞれの個性が感じられて楽しいです。このシリーズは、毎回趣向が凝らされていて楽しいなあ。そして今回、200部もの文集を捌かなくちゃいけなくなった面々が大変なんですけど、そこにいい感じで文化祭が絡んでくるんですよね。わらしべプロトコル、最高! 千反田えるの意外な手際とそのオチ(笑)も楽しいです~。そして今回、自らデータベースと称する福部里志の「データベースは結論を出せないんだ」発言や、伊原摩耶花と漫研の河内先輩のやりとりが痛かったです...。「ピンポン」(映画)で、「なにしろ才能というものは、望んでいる人間にのみ与えられるものではないからな」という台詞があるんですよね。それを思い出しちゃいました。
「クドリャフカの犬」というタイトルがもっと中身に密接に繋がってくるのかと思ってたのに、期待したほどではなかったのがちょっぴり残念でしたが、今回も楽しかったです。(角川書店)


+シリーズ既刊の感想+
「氷菓」「愚者のエンドロール」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「クドリャフカの順番 『十文字』事件」米澤穂信
「遠まわりする雛」米澤穂信

+既読の米澤穂信作品の感想+
「春期限定いちごタルト事件」米澤穂信
「犬はどこだ」米澤穂信
「夏期限定トロピカルパフェ事件」米澤穂信
「ボトルネック」米澤穂信
「インシテミル」米澤穂信
Livreに「さよなら妖精」の感想があります)

| | commentaire(10) | trackback(5)

Trackbacks(5)

「クドリャフカの順番 『十文字』事件」米澤穂信 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

「クドリャフカの順番ー十文字事件」米澤穂信  角川書店 クドリャフカの順番―「十 » Lire la suite

「クドリャフカの順番 -「十文字事件」-」米澤穂信(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、高校、文化祭、古典部、ライトノベル ... » Lire la suite

タイトル:クドリャフカの順番 著者  :米澤穂信 出版社 :角川書店 読書期間:2006/02/21 - 2006/02/24 お勧め度:★★★★ ... » Lire la suite

クドリャフカの順番―「十文字」事件 オススメ! 神山高校古典部の4人、千反田える、黒田里志、伊原摩耶花、折木奉太郎は厄介な悩みを抱えていた。 神山高校は文... » Lire la suite

>待望の文化祭。だが、折木奉太郎が所属する古典部では大問題が。 >手違いで文集を作りすぎてしまったのだ。古典部の知名度を上げて >文集... » Lire la suite

Commentaires(10)

四季さん、こんばんは。
里志くんと摩耶花ちゃんの発言、
シビアですよねえ。。。なんか気持ちがよく分かるだけに(苦笑)
わらしべ楽しいですよね!
ワイルドファイアもよかった。
私も「クドリャフカ」をせっかく出すのなら
もうちょっとストーリーにからめてほしかったなと、そこが残念です。

瑛里さん、こんにちは!
ほんと、あの2人の発言はシビアでしたよねえ。
ズキズキときましたよー。
特に摩耶花ちゃんのやりとりには考えさせられちゃいました。
でもわらしべ、ほんと楽しかったし~。ああいうの大好き。
ワイルドファイアも面白かったですよね。
まさかあそこでホータローが一役買うことになろうとは…(笑)

「クドリャフカ」、きっと大きな意味で、なんでしょうけど
でもそれにしても、ちょっと焦点が定まりきってないような…
もっと「クドリャフカ」としての必然性も欲しかったですね。

こんにちは。コメントありがとうございました。

四季さんのコメント見て、自分のブログで「わらしべプロトコル」について言及するのをすっかり忘れていたことに気づきました。
アレ読んだとき、相当笑ったのに~。何で忘れてるかなと(笑)

TBさせていただきました。

おおきさん、TB&コメントありがとうございます。
今回も楽しかったですよね~。
米澤さんの作品はどれもそれぞれにいいですけど、やっぱり古典部のシリーズが一番好きです。
「わらしべプロトコル」、最高! あれを忘れちゃもったいないですよ。今からでもぜひ~。

しまった。ぼくも「わらしべプロトコル」忘れてたぁ!巧い作家だとは思うのですが・・。やはり、シリーズでとらえるべきなんでしょうか、ねぇ?

そうですね、シリーズ物として読まないと面白さが半減かと…
でも3冊目だけハードカバーで出したという出版社の姿勢にも問題がありますよね。
あの本を見ただけでは、シリーズ物なんて分からないですものねえ。勿体ないです~。

こんばんわ^^TBさせていただきました。
もったいないことをしてしまった一人です--;
この作品を最初に読んでしまいました。
失敗しましたね。
早速第1,2弾を書店で探して買って、読んでみます。
失敗はしましたが、とても楽しめる作品でした。面白かったです。
古典部で起きてしまった厄介事と、文化祭での事件が上手く絡んでいて、良かったと思います。
個人的にはわらしべ長者ネタが好きでした^^
他にも小ネタ満載でしたよね。

苗坊さん、こんにちは! TBありがとうございます。
ああ、この本を最初に読んでしまわれましたかー。
でもいきなりハードカバーだったし、仕方ないですよね。
出版社の説明不足!
でも楽しまれたようで良かったです。1・2作目も面白いので、ぜひぜひ~。
わらしべプロトコルは、ほんと最高でした(^^)。

わらしべプロトコルは、面白かった!
声出して笑っちゃいましたよ。

それと、料理コンテストのくだりも。

ミステリーとしても、よく出来てますね。
米澤作品、イチオシです。

わらしべプロトコルは最高ですよね!
ああいうの大好きです。料理コンテストも~♪

うんうん、ミステリとしてもすごく面白かったです。
だから不満は題名と中身の絡みだけかな。
ま、これは「ちょっぴり」ですけどね。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.