「炎立つ」1~5 高橋克彦

Catégories: /

     [amazon]
これだけ表紙を並べると、圧迫感がありますね...(^^;。
1巻2巻は、摂関藤原家に繋がる武門の出ながらも、父の代から奥六郡にほど近い亘理に退けられていた藤原経清が主人公。3巻4巻はその忘れ形見・清丸(藤原清衡)の、そして5巻は清衡の曾孫に当たる藤原秀衡の物語。私は見てないのですが、以前NHKの大河ドラマになってるので、ご存知の方も多いかもしれませんね。同じく高橋克彦氏の「火怨」(感想)「天を衝く」(感想)と並んで陸奥三部作と呼ばれる作品。どうやらこの「炎立つ」が一番最初に書かれたようです。
陸奥三部作の1つとして、これも面白かったです。でも、ちょっと長かったかな...。

この中で一番魅力的だったのは、1~2巻で主人公だった藤原経清。すごくかっこ良かったです。しかも彼と源義家の関係が、ちょっぴり「火怨」の阿弖流為と坂上田村麻呂みたいでもあるんですよ。(あそこまでではないですが) なので、経清の代の終わり頃は辛かった... 続く3巻4巻は、不遇の環境にあった清衡を義家が助けて家を再興させる話なので、これも普通に面白いです。でも、ここで話はすっかり終わったような気がしてしまうんですよね。
5巻では源義経や弁慶が活躍するのですごく楽しいんですが(頼朝はやっぱりヤなヤツだ!)、こんな風に繋げて書く必要はあったのでしょうかー。平泉の藤原三代の栄華の祖が藤原経清であったと、言いたいのは分かるんですけど、これは独立させても良かったような。 ...と思いながら読んでたんですが、最後まで読み終えてみると、これで良かったのかもしれないなあ、なんて思ったり...(^^ゞ

「天を衝く」の九戸政実みたいに、何をやらせても超人的にずば抜けてるということもなく... あれはあれで爽快で好きなんだけど...(笑) 強さも弱さもある蝦夷たちの存在がとても人間的でした。途中何度かダレたし、↑上にもなんか混乱したことを書いてますが(^^;、やっぱりこれも良かったです。(講談社文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「火怨 北の燿星アテルイ」上下 高橋克彦
「天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男・九戸政実」1~3 高橋克彦
「炎立つ」1~5 高橋克彦
「風の陣」1~3 高橋克彦

+既読の高橋克彦作品の感想+
「白妖鬼」高橋克彦
「闇から招く声」高橋克彦
「鬼」高橋克彦
「空中鬼」高橋克彦
Livreに、これ以前の作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「炎立つ」1~5 高橋克彦 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

どうも初めまして。
高橋克彦作品と言えばやはり、
陸奥ということで、
この作品もまた面白かったですね。
僕も長いとは思いつつも、
読み終わりたくないっていう気持ちが強かったです。
これらの作品から、蝦夷に対する興味も深くなりましたし。

確かに頼朝は嫌なやつです。(笑)

セラさん、はじめまして!
蝦夷に関しては、ほとんど何も知らなかったんですが
陸奥三部作や、北方謙三さんの「破軍の星」を読んで
だんだん陸奥としての歴史が繋がってきましたよ。
そうなると、ほんと面白いですね。
高橋克彦さんには、三部作で終わらずにまだまだ書いて頂きたいです。

頼朝って、誰が書いても嫌なやつなんですね。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.