「ななつのこものがたり」加納朋子

Catégories: /

 [amazon]
加納朋子さんのデビュー作「ななつのこ」の作中作が、とうとう本物の絵本になりました~。挿画は、「ななつのこ」の文庫など、加納朋子さんの作品でお馴染みの菊池健さん。(そういえば「ななつのこ」のハードカバーの表紙って見たことがないんですが... こちらも菊池健さんなのでしょうか?)
「ななつのこ」を読んだ時に私が一番惹かれたのは、何といっても「あやめさん」だったので、この絵本が読めてほんと嬉しい! 読むにつれて、「ななつのこ」のそれぞれの物語が思い出されて懐かしかったです。あ、でも、おかあさんが小さな息子に語る物語という形式は、正直意外でした。びっくりびっくり。そして最後まで読んでみて... これってもしかして... いや、もしかしなくても... ネタバレ反転(このお母さんは未来の駒子)ってことでしょうか?!
挿画もほんわりと優しくて、物語の雰囲気にぴったり。それぞれの場面は「昭和」の懐かしい雰囲気を思い起こさせてくれますし、話を聞いている「はやて」の子供部屋も居心地が良さそう~。これは、この絵とこの物語、どちらが欠けても成り立たない絵本でしょうね。(東京創元社)


+既読の加納朋子作品の感想+
「てるてるあした」加納朋子
「ななつのこものがたり」加納朋子
「モノレールねこ」加納朋子
「ぐるぐる猿と歌う鳥」加納朋子
Livreに、これ以前の全作品の感想があります。

| | commentaire(8) | trackback(2)

Trackbacks(2)

「ななつのこものがたり」加納朋子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

『ななつのこ』の主人公・入江駒子が愛読する作中作を、書籍化した絵本。 Ciel Bleuさまのエントリにて知りました。 今回は、お母さんがはやて少年に、話して聞... » Lire la suite

ななつのこものがたり / 加納朋子 / 東京創元社 『ななつのこ』(エントリでの感想はこちら)で駒子が読んでいた本があります。 はやてという少年と、彼の話... » Lire la suite

Commentaires(8)

このシリーズで一番すきなのが『ななつこの』です。
作中作と作品が上手く絡み合ってましたよね。
その作中作が読めるなんて嬉しいです~!!
早速探してみたいと思います。

KOROPPYさん、こんにちは!
私もこのシリーズで一番好きなのが「ななつのこ」なんです~。
「魔法飛行」以降、「あやめさん」が出てこなかったのでがっかりしちゃって。(笑)
こちらの本は、読み始めた時は思い描いていたものとちょっと雰囲気が違っていて
あれあれあれ… だったんですが、シリーズ愛読者なら、きっと楽しめると思います。
KOROPPYさんの感想、楽しみにしていますね(^^)。

こんにちわ~
図書館で借りたのは単行本でした。
確か白っぽい表紙に黒っぽい生き物(動物?)がで~ん描かれていたような気がします。
今度また確認してきますね!

白のパセリさん、こんにちは。
ええと、ともっぺさんのところでお見かけする白のパセリさんでしょうか?
(もし違ってたらゴメンナサイ~)
表紙、白っぽい表紙に黒っぽい生き物ですか?
となると、あまり菊池健さんのイメージではなさそうな感じもしますね…(笑)
もし確認できたら、また教えて下さいね♪ (ありがとうございます~)

早速、私も買ったんです~~~♪
でも、まだ読んでないの・・・^_^;

「あやめさん」、う~ん懐かしい!
そういえば、その後シリーズの中にでてきませんよね。
私、これから「スペース」読む予定なんです♪

えびすけさんも買われたんですね!
あ、でもやっぱり「スペース」が先ですよねえ(^^)。
「スペース」ね、普通のシリーズ物以上に「ななつのこ」や「魔法飛行」に
密接に関連してるんですよ。これを読んだら、前2作がまた読み返したくなるかも?(笑)

絵本は、その後ゆっくりと楽しんで下さいね(^^)。

こん~

>そういえば「ななつのこ」のハードカバーの表紙って見たことがないんですが… こちらも菊池健さんなのでしょうか?

 こちらは菊池さんではないです。表紙にはムンクの叫びの顔をして虫取り網をもってこちらを見ている絵です。

>そして最後まで読んでみて… これってもしかして… いや、もしかしなくても… ネタバレ反転(     )ってことでしょうか?!

 もう一つ、お父さんは・・・(ry
 4部作みたいなので次で完結みたいです。

背中さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
菊池さんじゃないんですねー。
ムンクの叫びの声で虫取り網ですか? なんだか想像がつかない…(^^;

シリーズは次で完結なんですね。
早く読みたいような、終わってしまうのが淋しいような…
でもいざ出たら、すぐ読んでしまいそうです。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.