「ハリスおばさんパリへ行く」「ハリスおばさんニューヨークへ行く」他2冊 ポール・ギャリコ

Catégories: /

    [amazon]
通いの女中をしている生粋のロンドンっ子、ハリスおばさんが主人公のシリーズ。長いこと絶版になっていて、つい最近復刊されました。表紙のイラストが可愛いです~。
最初の「ハリスおばさんパリへ行く」は、庶民中の庶民というおばさんが、お得意先のレディ・ダントの家で見たディオールのオートクチュールを見て、自分も最高級のドレスを手に入れたくなっちゃうというお話。今まで衣料品に5ポンド以上使ったこともないというおばさんが、なんと350ポンドとか450ポンドとかするドレスを買おうっていうんですから、もう大変。懸賞でちょっとお金を当てたんだけど、まだ全然足りなくて、2年間の爪に火をともす節約生活の末、無事パリへ! でもコクニー訛りで、見た目もまるっきり庶民のおばさんのこと、ディオールの店に辿り着いても門前払いされそうになるし、ようやくサロンに入れてもらっても、隣の席の夫人が騒ぎ出す始末。でも暖かい人柄と、明るく前向きな姿勢が魅力のハリスおばさん、知らず知らずのうちに、悩んでる人たちを笑顔にしてくれるし、ハリスおばさんと友達になった人たちには、それぞれに幸せが訪れるんですねー。そして、めでたしめでたし。
なあんて、まるでおとぎ話みたいなシリーズなんですが、毎回ほろ苦い出来事も織り交ぜられて、おとぎ話でも現実は結構厳しいのよ!と言われてるみたい。ギャリコの作品って、その辺りのバランスがやっぱり絶妙なんじゃないかなと思います。時にはくじけたりもするけれど、それでも可愛いハリスおばさんのシリーズ。楽しかったです。(fukkan.com)


+既読のポール・ギャリコ作品の感想+
「トマシーナ」ポール・ギャリコ
「セシルの魔法の友だち」ポール・ギャリコ
「マチルダ ボクシング・カンガルーの冒険」ポール・ギャリコ
「われらが英雄スクラッフィ」ポール・ギャリコ
「幽霊が多すぎる」ポール・ギャリコ
「猫語の教科書」ポール・ギャリコ
「ハリスおばさんパリへ行く」「ハリスおばさんニューヨークへ行く」他2冊 ポール・ギャリコ
「七つの人形の恋物語」「スノーグース」ポール・ギャリコ
「トンデモネズミ大活躍」「ほんものの魔法使」ポール・ギャリコ
「ポセイドン」上下 ポール・ギャリコ
「ザ・ロンリー」ポール・ギャリコ
「「きよしこの夜」が生まれた日」ポール・ギャリコ
Livreに「ジェニィ」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ハリスおばさんパリへ行く」「ハリスおばさんニューヨークへ行く」他2冊 ポール・ギャリコ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.