「虚空の旅人」「神の守り人 来訪編」「神の守り人 帰還編」「蒼路の旅人」上橋菜穂子

Catégories: / / /

    [amazon]
去年「精霊の守り人」「闇の守り人」「夢の守り人」と読み進めていた守り人シリーズ。その後、積読本減らしのために図書館自粛期間に入ってしまって途切れていたのですが、ようやく続きが読めましたー。やっぱりこのシリーズはいいですねえ。決して派手じゃないんだけど、すごく好きです。ハードカバーだし、字が大きいから図書館で借りてるけど、文庫本になってくれたら絶対揃えるのに! そしてバルサとチャグム皇子の出会いから始まったこのシリーズ、どうやらバルサを主人公にした「守り人」シリーズと、チャグム皇子を主人公とした「旅人」シリーズに枝分かれしたようですね。今回4冊積み上げてて気づいたんですが、「守り人」は二木真希子さん、「旅人」は佐竹美保さんがイラストを描くことになったのかしら?
今までは一応1冊ずつで完結してたんですが(「神の守り人」は2冊組ですが)、「蒼路の旅人」は、これだけでは完結していません。というか、ここからまた新たな物語が始まったみたいな感じ。(表紙の色合いがこれだけ違うのも、それを意識してるのでしょうか) この行方がどうなるのか早く読みたい! バルサやタンダも好きなんですけど、チャグム皇子も好きなんですよねえ。
そして守り人&旅人スペシャルサイトなんてものも見つけました。次は守り人の物語が出るそうなんですが、既に「炎路の旅人」という作品も書かれているようで... これに関しては、「読みたいという読者の声がありましたら、いずれ出版する機会もあるかなぁと思っております」とのこと。勿論読みたいに決まっていますとも! ぜひぜひ出版をお願いしたいものです。
2つに枝分かれしたシリーズも、最終的にはまた1つに戻るのでしょうね。これからどのような物語になっていくのか本当に楽しみです。(偕成社)


+シリーズ既刊の感想+
「精霊の守り人」「闇の守り人」「夢の守り人」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「虚空の旅人」「神の守り人 来訪編」「神の守り人 帰還編」「蒼路の旅人」上橋菜穂子
「天と地の守り人」1~3 上橋菜穂子
「流れ行く者 守り人短編集」上橋菜穂子
「バルサの食卓」上橋菜穂子・チーム北海道

+既読の上橋菜穂子作品の感想+
「獣の奏者」1・2 上橋菜穂子
Livreに「狐笛のかなた」の感想があります

| | commentaire(6) | trackback(3)

Trackbacks(3)

「虚空の旅人」「神の守り人 来訪編」「神の守り人 帰還編」「蒼路の旅人」上橋菜穂子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

「精霊の守り人」上橋菜穂子(1996)☆☆☆★★ ※[913]、国内、小説、冒険小説、ヒロイック・ファンタジー、児童文学 ネットの本読み人仲間八方美... » Lire la suite

「闇の守り人」上橋菜穂子(1999)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、ファンタジー、児童文学、冒険小説、女用心棒バルサ、守り人シリーズ 運命は、自分で... » Lire la suite

昨日は生憎のお天気 & 気候の1日でした。  相変わらず抜けきらない風邪... » Lire la suite

Commentaires(6)

うおー、読みたいっ!(じたばた
児童向けファンタジーは
『黄金の羅針盤(フィリップ・ブルマン)』
シリーズと『古王国記(ガース・ニクス)』を
読んで以来ですが、これは久々のヒットかも
知れません…!
しかも国内の作家様ではありませんか^^。
さっそくメモしました~♪

睡さん、こんにちは! 守り人シリーズ、いいですよー。
最初の1冊はそれほどでもなかったんですが、どんどん好きになってます。
あ、でも読む時は、ぜひ「精霊の守り人」から読んで下さいね。
あと、もし日本古代史がお好きでしたら、荻原規子さんの勾玉シリーズもオススメですよ。
こちらは、「空色勾玉」から「白鳥異伝」「薄紅天女」と続きます。

「黄金の羅針盤」と「古王国記」というのは未読なんです。
どんな感じなのかな? amazonで見ると、評判が良さそうですね。
ファンタジー大好きなので、気になります~。

コメント&TBありがとうございます。
ぼくも二作目の「闇の守り人」のほうが、おもしろく思いました。どれから読んでもおもしろいのでしょうが、「闇の守り人」から読むほうがいいかもしれませんね。「夢の守り人」以降も読もうと思いつつ、なかなかままならいです。
荻原規子勾玉三部作もいいですね。丁度「空色勾玉」を再読したところです。
「黄金の羅針盤」、ぼくも薦められたままです。近くの図書館にないもので。でも、おもしろうそうですよ。

すのさん、こんにちは。
あ、既に「闇の守り人」を読まれてたんですねー。これは面白いですよね。
それに山の底の場面がすごく印象的でした。
槍舞の躍動感と、それとは対照的な幻想的な情景とがすごく印象に残ってます。
「夢の守り人」は、またちょっぴり落ちるかもしれませんが…(笑) 機会があれば、それ以降もぜひぜひ。

勾玉三部作、ノベルスで出始めてるし私も再読しようと思ってるんです。本当にいい作品ですよね。
「黄金の羅針盤」、すのさんもオススメされてましたか。やっぱり読んでみなくては~。

四季さん、こちらにもこんにちは~♪
でもでも、やっぱりこちらの旧ブログにTBを
お送りすると複数送られちゃうという状況に
変化はないみたいです。

あ、これはひょっとすると、1つは「サグのTB」、
1つは「ナユグのTB」、そしてもう1つは「ナユーグルのTB」なのかもしれません!!(笑)

ますますこの物語の世界観に酔いしれている
KiKi ですが、現時点では「闇の守り人」が
読みたくても読めなくてもちょっとストレスフル~ ^^;

大人買いした本がそろそろ届いてもいい頃なんですけどね~(笑)

KiKiさん、TBありがとうございます。
ああ、やっぱり複数送られてしまいますか。
でも新しいブログには1つしか届かなくなりましたよね。
何か原因が掴めましたか~?

あ、そっかサグのTBとナユグのTB、そしてナユーグルのTB!
なるほどぉ。となると、それは重複分を削除しづらいかも…(笑)

読みたい時に次の本がないのってほんとストレスですよね。
もう届いたでしょうか? まだなら早く届きますように♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.