「笑酔亭梅寿謎解噺」田中啓文

Catégories: / /

 [amazon]
金髪の鶏冠頭の不良少年・竜二が、元担任教師に引きずられるようにして、大酒飲みで借金まみれの落語家・笑酔亭梅寿に入門することになって... という物語。連作短編集です。

随分前からヤマボウシさんにオススメされていた作品。ようやく読めました。
あの田中啓文さんが、こんな普通の (一般的に読みやすいという意味です・笑) 作品も書いてらしたとは! と、まずびっくり。いつもの破天荒な作風はどこにいっちゃったの? 読む前に、先入観入りまくりだったんですけど...!(笑)
いえ、ネットでの評判は上々のようだし、きっとかなり読みやすい作品になってるんだろうなとは思ってたんですけどね。それにしても違いすぎですよぅ。...と偉そうに言えるほど田中啓文作品を読んでるわけじゃないんですが... でもほんとびっくりしちゃいました。ええと、良い方に意外だったし、でもちょっぴり拍子抜けでもあり。
どこが拍子抜けだったかといえば、これが全くそつがない、綺麗にまとまった作品だったってところですね。(やっぱり先入観は大きいぞ・笑) 主人公の竜二が、絵に描いたような不良少年だった割に、特に反抗することもなくこの世界に馴染んでしまうというのもそうだし、特に「派手な外見とは裏腹に、実は良い子で、才能もあった」ってところなんて、「いかにも」ですよね。さりげなく師匠を立てながら、謎解きをしちゃうところも。でもこの師匠、味があってなかなかいいんですよねえ。兄弟子姉弟子も、それぞれに人間らしくて面白かったし。ミステリとしては小粒だけど、きちんと落語のネタにリンクしてるし、落語初心者にも優しい作りだし、話のテンポも良いし、実際にそれぞれの落語を聞いてみたくなる1冊でした。
...でもやっぱり、なんか騙されたような気がするのは拭えない... 妙な先入観がなければ、もっと楽しめたのに! 何かが起きるのを期待しちゃったじゃないかーっ。(笑)
あ、落語といえば、「タイガー&ドラゴン」のDVDはもう出たんですよね。今度借りて来なくっちゃ。(集英社)

| | commentaire(4) | trackback(3)

Trackbacks(3)

「笑酔亭梅寿謎解噺」田中啓文 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

 多分、あれは評者が27歳くらいの独身の頃、テレビで西川きよしのドキュメンタリー番組(なんで、そんなのやっていたんだろう?)を観ていたときのことである。そのとき... » Lire la suite

笑酔亭梅寿謎解噺発売元: 集英社価格: ¥ 1,890発売日: 2004/12売上ランキング: 72,580posted with Socialtunes at... » Lire la suite

ミステリではあるけれど、青春小説。ビルドゥングスものとして楽しく読みました。ミステリというからには探偵がいるわけで、梅寿師匠と弟子の竜二は、てっきり依然読んだ「... » Lire la suite

Commentaires(4)

四季さん、こんにちは♪
『笑酔亭梅寿謎解噺』、読了されたんですねー!そうですか・・・。四季さんは田中啓文さんの作品が初めてではないので、ちょっと物足りない感じがしたのですね(笑)。私はこの本が田中さんとの出会いだったので、そういう意味での”騙された様な”感じはなかったです。

>何かが起きるのを期待しちゃったじゃないかーっ。(笑)
ホント先入観って時に怖いですよねぇ。でも、四季さんがこんな風に感じるなんて・・・。ちょっと田中さんの他の本がきになります☆

>ミステリとしては小粒だけど、きちんと落語のネタにリンクしてるし、落語初心者にも優しい作りだし、話のテンポも良いし、実際にそれぞれの落語を聞いてみたくなる1冊でした。
そうそう、そうですよね!! 確か以前にも、実家に落語CDシリーズが在るっていうことを書き込みした気がするのですが、実際に聞いてみたくて探してしまいましたよ(^^)。でも、『ときそば』(この本では「ときうどん」)しかなくて、ちょっとさみしかったです。機会があったら、ぜひ本物の寄席に行ってみたいんですけど・・・。
 さて、掲示板にも書いた『謎の十字架』、やっと半分をこえましたー!そして、やっと勢いが出てきた感じです(苦笑)。書き込みへのお返事ありがとうございます(いつも丁寧で、本当に嬉しいです)。読了したら、報告に参ります!

彩水仙さん、こんにちはー。
そうなんですよ、面白かったんですけど、でも「騙されたー」でした。(笑)
という私もそれほど詳しくないんですけど、アンソロジーに載ってる短編とか、結構凄かったので…。
ええ、どこがどうとは言えないんですが、独特のパワーが満ち溢れてたというか何というか(笑)
好き嫌いがはっきりと分かれるタイプだと思うんですよね。
だからこの作品が概ね好評だと知った時も、一応心構えはしてたんですけど…
それだけでは足りなかったみたいです。(笑)

でも、いい作品ですよね。落語のCD、羨ましいです! 聞いてみたいなあ。
本物の寄席にも行ってみたいです。

こんばんは。これ、私ははじめての田中啓文さん体験だったので、「あれ、案外普通の話を書く人なんだな」と思ったのですが、・・・やっぱり違うみたいですね(笑)「蹴りたい田中」が家にあるので、また楽しみに読みます。
「タイガー&ドラゴン」は久々にはまりまくったドラマでした。DVD出てますかー。また見たいなあ。

ざれこさん、こんにちは!
初めてでも、「あれ?」と思われてたんですね。(笑)
いやー、私もそれほど詳しくないので、偉そうに言えないんですけど
なんだかものすごくイメージが出来上がってたので、びっくりでしたよ。
あ、「蹴りたい田中」ですか。私も未読なんです。どんな感じなんでしょうね。
こちらは結構強烈なんじゃないかと予想してるんですが…(笑)

「タイガー&ドラゴン」、ドラマでは全然見れなかったんですよ。
ほんと面白そうですよね。ぜひ見てみたいです!

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.