「夜夢」柴田よしき

Catégories: /

 [amazon]
様々な媒体に発表されてきたホラー短編が、前後の会話を挟むことによって、数人のホームレスらしき人間の集まりで語られている物語として成立している作品。1つ話が終わるたびに、その語り手たちのことが少しずつ分っていくところが面白かったです。最初は「わたし」と「トヨさん」と「彼女」の3人。そこに「ヒゲ三」が加わって、「わたし」が「センセイ」であることが分かり、そして「サトーさん」が加わり... と、それほど大掛かりな仕掛けではありませんが、短編が苦手な私にはちょっと嬉しい趣向かも。
それぞれの作品はホラーと言うほど怖いわけではなく、あとがきで柴田よしきさんが書いてらっしゃるるように「夜」のイメージ。ごく普通の日常生活を送る「昼」に対して、それが歪み変化した「夜」。ほとんど怖くないんですけど、幻想的。何かの瞬間に歪んで変化してしまう女性の想いが様々な形で描かれているのが、柴田よしきさんらしかったです。...今、本の画像を見ていて気づいたんですけど、黒いのは女性の髪の毛だったんですね... 怖っ。(祥伝社)

で、本の感想とは関係ないんですけど、今朝、階段から落ちました... 上から下まで、ずどどどどーっと。
痛いやら情けないやらで、もう泣きそう。じっとしてる分には大丈夫なんですけど、身体を動かすと痛くって、結局今日は1日中寝てました。そしたら寝れること寝れること。ほんと信じられないぐらい1日中ぐっすりでしたよ。気がつかないうちに、ちょっと疲れが溜まってたのかもしれないですね。逆にいい休みになりましたー。
で、晩になって少し復活したんですが... 頭にできたたんこぶがやっぱり痛いです(^^;。


+既読の柴田よしき作品の感想+
「ワーキングガール・ウォーズ」柴田よしき
「シーセッド・ヒーセッド」柴田よしき
「窓際の死神(アンクー)」柴田よしき
「夜夢」柴田よしき
「激流」柴田よしき
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「夜夢」柴田よしき へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

都会の夜、川辺に集う人々がいます。先生、トヨさん、ひげ三、サトーさん。そして今夜は「彼女」というゲスト。それぞれが酒を持ち寄り飲みながら、不思議な話を始めます。... » Lire la suite

Commentaires(2)

四季さん、こんばんは。
階段から落っこちたんですかーっ!?それも上から下まで!?大丈夫ですか?
わたしも子供のころ2階の踊り場で妹と喧嘩した時、妹に2階の頂上(?)から突き飛ばされて頭からさかさまに落っこちたことがあります(^^;)。そのときは、びっくりしただけで何処も怪我しなかったんですけど・・・(無敵?)当時は体が柔らかかったんでしょうねー(苦笑)
あっ、私のことはどうでもよかったんです!四季さん、”たんこぶ”ですか?その言葉も久々に聴いた気がします(^^;)でも、それで体に一呼吸させてあげられたんならよかったですね♪
四季さんは、今ご自宅&あばあさま宅を行き来されていて、知らぬ間に身体に疲れがたまっているのでしょうね。
でもでも、もし他にも痛い所があったら、病院にいってくださいねー。

ご心配おかけしちゃってすみませんー。いやあ、自分でもびっくりしました。
きっとあっという間だったと思うんですが、すっかりスローモーション状態だったんですよ。
今日になって、体中がグキグキと痛んでます… 翌日に出るというのは本当ですね。(笑)
とは言っても、それほどひどくはないんですけどね。
彩水仙さんも、階段から落ちたことが?!
子供は身体が柔らかいとはいえ、何事もなくて良かったですー。
ほんと気をつけなくちゃいけないですね。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.