「明暗」夏目漱石・「続明暗」水村美苗

Catégories: /

[amazon] [amazon]
新潮文庫版にはどちらも安野光雅さんの絵が表紙に使われていて、さすが雰囲気を合わせてるんだなーと思ったんですが、どちらも画像が出てこなくて残念。

「明暗」は、新聞連載の途中で漱石が亡くなり未完のまま終わってしまった作品。ごくごく簡単にいってしまえば、津田という30男と、結婚して半年になる妻のお延、そして津田と結婚寸前までいきながら、津田を捨てて他の男のもとに走った清子という3人の物語。漱石にしては珍しく3人称で、登場する色々な人々の内面が描かれてます。大きな展開はなくて、むしろ細かい描写の積み重ねで読ませるという感じ。会話がすごいんです。夫婦間で、親子間で、はたまた友達(知り合い)同士での腹の探り合い。表面上は終始にこやかに応対していながらも、水面下では丁々発止の対決。こんな会話、毎日してたら絶対身が持たないよ... と思うんですが、そこからそれぞれの人物像や感情が克明に浮かび上がってくるのがすごいところ。その「明暗」のラストは、勤め先の社長夫人の口車に乗せられた津田が清子に会いに行って、再会するところまで。

そして水村さんが書かれたのはその後。一読して、「明暗」を相当読み込んでることが良く分かります。文体はそのまま。見た目にはまるで同じ。読んでいるとどこか印象が違うんですが、続けて読まなければ気づかなかった程度。どこに違いがあるんだろうと思っていたら、「あとがき」に、現代の読者に合わせて段落を増やしたとあったので、きっとその辺りなんでしょうね。確実に読みやすくなってます。そして「明暗」の煩雑な心理描写を減らして、筋の展開を劇的にしようとしたのだそう。確かに私にとっては、こちらの方がページをめくる手が止まらなかったです。
「明暗」では、津田の内面のずるさや弱さが、「好男子」という外面の良さに隠れていたようなところがあったんですが、こちらではその弱点が露呈されていて、それこそがこれまでの出来事の原因だった... というのがなかなかの説得力。そしてこれが今後のことにも大きく影響してくるわけですね。結局もう既に終わってることを、かき回しただけだった津田。お延の気持ちなんてまるで考えようともせず、ひたすら保身に走る津田の姿が情けない...。(こういう描写は女性作家さんらしいところかなと思ったんですけど、どうなんでしょう)

漱石が用意していた結末は、この続編とはまた違うのかもしれませんが、でも1つの結末としてすごく良かったと思います。「明暗」の伏線も見事に生かされていたし、「明暗」という作品の形を借りながらも、見事に水村さんの作品になっていたし。こうなってみると、他の方が書いた結末というのも読んでみたくなっちゃいます。他にはないのかな。「我こそは!」という作家さんはいらっしゃらなかったのかしら? でも水村さんの書かれたこの続編ほどの完成度を見せるのは、相当難しいことなんでしょうね、きっと...。(新潮文庫)


+既読の夏目漱石作品の感想+
「夢十夜」「冥途」「猫町」
「明暗」夏目漱石・「続明暗」水村美苗
「対訳 テニスン詩集」「倫敦塔・幻影の盾」夏目漱石

+既読の水村美苗作品の感想+
「本格小説」上下 水村美苗
「私小説 from left to right」水村美苗
「手紙、栞を添えて」辻邦生・水村美苗
「明暗」夏目漱石・「続明暗」水村美苗
「日本語が亡びるとき」水村美苗

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「明暗」夏目漱石・「続明暗」水村美苗 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

すっかり書き込みはご無沙汰してます~。
いつの間にやら水村美苗さんの本は思いっきり先を越されてしまいましたわ…
わたしも『続明暗』ずっと読みたい読みたいと思いつつ現在に(くすん)。
でも、このエントリーを読んだらますます読みたくなってしまいました!
とりあえずは、未読の『明暗』から(苦笑)。

ちょろいもさん、こんにちは~。
たらたらと長い文章、読みにくかったでしょうに
読んでくださってありがとうございます!
(今、自分で読みにくさを実感してしまいました(^^;)
水村美苗さん、いいですねえ。
ちょろいもさんに「本格小説」を教えて頂いたおかげです!
漱石の「明暗」は、途中ちょっとダレるとこもあるんですけど(内緒)
水村さんの続編はほんと良かったですよ。
ぜひぜひ合わせて読んでみて下さいませ~。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.