「妖精 Who's Who」キャサリン・ブリッグズ

Catégories: / /

 [amazon]
風待屋の sa-ki さんに教えて頂いた、イギリスの妖精をイラスト付きで紹介している本。本当はたらいまわしの第8回「あなたが贈られたい(贈りたい)本はなんですか?」で出してらしたピエール・デュボアの「妖精図鑑」も合わせて見たかったんですけど、そちらはまたいずれ...。

ブラウニーやドワーフ、エルフなんかの有名な妖精は知ってますけど、もう全然名前を聞いたことがない妖精もいっぱい。イギリスには、これほど沢山の妖精がいるんですか! しかも同じくブリッグズの、富山房から刊行された「妖精事典」には約400種類の妖精が紹介されていて、これはその中から101を選んで紹介したのだそう。まだまだこの4倍もいるんですね。
日本で妖精といえば、基本的に可愛らしくて良いイメージなんじゃないかと思うんですが、ここに登場する妖精は気まぐれだったり意地悪だったり、時には残酷だったり。人さらいの話も多いし、人間の日々の仕事を手伝ってくれてても、ある日突然ふいっと出て行ってしまったりするし、昨日までは機嫌が良くても今日はまた分からないし。実際、妖精を信じていた昔の農家の人々は、相手が良い妖精であっても決して怒らせないように気をつけていたようです。妖精とつきあうのは、相当しんどそう...。なんだか妖精というより、単なる駄々っ子の相手をしてるような感じもするなあ。というよりも、むしろ日本の妖怪のイメージ? まあ、妙な現象が起きたらそれを全部妖精のせいにしていたからこそ、こういった妖精が沢山生まれることになったんでしょうけどね。(きっと人為的な「妙な現象」も多かったんでしょうね)
ファンタジー作品を読んでいて聞き慣れない妖精が出てきた時などに、役立ちそうな1冊です。(ちくま文庫)


+既読のキャサリン・ブリッグズ作品の感想+
「妖精 Who's Who」キャサリン・ブリッグズ
「魔女とふたりのケイト」K.M.ブリッグズ

| | commentaire(6) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「妖精 Who's Who」キャサリン・ブリッグズ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(6)

妖精辞典はいいですよー。
正直とってもお高い本なのですが,妖精スキーには必携の書です。
かくいう私も持っていないのですが,いずれ必ず買うつもり……。

日本での妖精のイメージはFairyでありPixyでありElfなんですよね。
個人的にはHobgoblinが好きです。
Blogのタイトルに使うほどに(苦笑)。

わ、さすが森山さん、妖精事典も見てらっしゃるのですね。
私も見てみたいなあ。市内の図書館には置いてないんですけど、リクエストしてみようかしら。
さすがに7000円以上すると、おいそれとはお金が出せないですしね。(^^ゞ

>日本での妖精のイメージはFairyでありPixyでありElfなんですよね。
そうそう、そうなんですよね。フラワーフェアリーみたいに可愛いイメージとか。(笑)

Hobgoblin Syndromeが、いつの間にかCITADEL OF HOBGOBLINになってますね。
私はあまり好き嫌いが言えるほど詳しくないんですけど、
やっぱりエルフとか、綺麗なイメージに惹かれちゃいます。…妖精初心者?(笑)

大学の図書館にはあると思います。
利用できるようであれば,探してみるのも一興ではないでしょうか。
僕は大学2年生の夏休みに毎日図書館に通って読了しました(汗)。
ちなみに辞典の類では↓もお勧めですよー。
完訳 世界文学にみる架空地名大事典
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062105640/qid=1132931003/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-3441431-6469133

わあー、大学図書館に毎日通って読了ってすごい!
そうですね、大学の図書館なら置いてるかも。探してみますね。
そして「完訳 世界文学にみる架空地名大事典」も凄そうな本ですね。
ハリー・ポッターも載ってるということは、結構新しい作品まで網羅してるようで。
これもぜひ見てみたいです! ありがとうございます。
という私はイエイツのケルトの本を無事に読了したので、
「アイルランド幻想」を読む準備は万端です(^^)。(年内は無理ですが…)

はじめまして。
映画「がんばっていきまっしょい」の記事にTBさせていただくのに、そちらにコメントしようとしたら、この記事を発見してしまったので思わずこちらへ(笑
この本はとてもいいですよね。私も好きです。
翻訳の井村先生とは一緒にお仕事をしたこともあり、面識もあるので、なんだか嬉しくなりました。ではではー。

トモさん、こんにちは。はじめまして。
「がんばっていきまっしょい」へのTBありがとうございますー。
後ほど、こちらからもTBさせていただきますね。

なんとトモさんは、井村君江さんと面識がおありなのですか!
ケルト関係の本を色々と書いたり訳したりしてらして、
とっても気になる方なのです。わあ、羨ましい。
とは言っても、私はなかなかお知り合いになれないと思うので(笑)
これからも色々と読んでいきたいと思ってます(^^)。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.